スポンサーリンク

自分にもこんなことが?妻の不倫発覚…的確な対処法は

不倫の悩み体験談

3人の子どもに恵まれ、郊外に家も建てて、自分では家族で幸せに暮らしているつもりでした。しかし、専業主婦だった妻がパートに出るようになってから、何となくおかしな雰囲気になってきてしまったのです。

パートのはずなのに残業がやたらと多く、週末は飲み会だといって深夜まで帰って来なかったり、休日も親睦会で日帰り温泉にみんなで行ってくるなど、なにかと理由をつけて出かけることが多くなりました。

仕事をしているから仕方ないのですが、家事がおろそかになり新築なのに家の中は汚く、子どもの世話も満足にしなくなったので、仕方なく私が家事や子どもの世話をすることが増えていきました。

そのような状況について、やはり共働きは思った以上に大変なのだと思っていたら、あることをきっかけに妻の不倫が発覚したのです。

それは携帯電話で発覚しました。妻が、最近片時も携帯を手放さずに持ち歩いていたので、何となくおかしいと思っていました。そんな中、偶然妻のメールを見る機会があり、その内容から妻が不倫していることが分かってしまったのです。非常にショックでした。

とにかく妻の目を覚まさせなくてはいけないと思い、話し合いをしました。けれども妻は不倫を認めず、逆ギレ修羅場になったのです。私は仲の良い友達に相談し、こういう場合の対処法を教わりました。

探偵に依頼して浮気の実態を調査してもらったのです。その結果、探偵の報告書が妻の不倫の証拠となり、それを妻に突き付けて不倫を認めさせることはできました。

不倫相手に慰謝料を請求すると私が宣言すると、妻がそれは勘弁してくれと不倫関係に終止符を打つことを約束したのです。
とりあえず二人は別れたということですが、もしその関係が終わっていなかったり、今後妻が同じ過ちを繰り返すことがあったとしたら、その時は許さないつもりです。

不倫が発覚したときに取るべき行動とは?

悩み解決のヒントを探しましょう。

パートナーの不倫が発覚したとき、多くの人は非常に大きなショックを受けます。そしてつい、感情的に問い詰めるという行動に走りがちですが、実はそれは一番やってはいけない行為です。

なぜなら、相手を問い詰めてしまうことで、相手は自分の身を守るためにかたくガードを貼るようになってしまいます。

相手を感情的に突き詰めたその時点から、情報が隠され出てこなくなる、相手に気持ちが伝わらず、相手は心を閉じる、怒りや憎しみを増幅させることになってしまうと思っておくことです。

さらに、相手の逆切れ(携帯を見たことなどを逆に攻める)、言い逃れ(理由をつけて言い訳)、言いくるめ(問題なしとはぐらかす、問題をすりかえて謝る)につながる可能性もあります。

また、明確な証拠をつかまないうちに一方的にパートナーを責めてしまうことは、こちらが真実をつかみきらないうちに持っている情報を知られてしまう、それにより相手に準備する時間を与えてしまう、そしてパートナーは責められることより、より不倫相手にいやしを求めるようになってしまい、自分の望まない方向へ話が進んでしまうことになりかねません。

それを防ぐためには、相手に自由なお金と時間を与えて相手を自由に泳がせる、つまり証拠固めをする期間を作ることが大切です。

そして、真実についての情報収集をしながら、自分が本当に守りたいもの、守るべきものについての優先順位を見極めることが重要です。

ただその際に、すべてを守ろうとすることは、結果的に泥沼離婚になる可能性が高いです。離婚の話を進めるにしても、夫婦関係の修復を望むにしても、家庭、子ども、仕事、不倫相手などについて冷静に考え、最も優先するべきことは何かを見極めていきましょう。

そして自分の進むべき道が決まったら、冷静にパートナーと話し合うこと、暴力的な言動絶対に控えつつしっかりと意見を伝えること、関係修復を望むのであれば、相手の気持ちや考えを受け止める器の大きさを見せることが大きなポイントとなるでしょう。

関連ページ

「妻の不倫」に関するページ一覧はこちら
「不倫・離婚ドットコム」の最新のページ一覧はこちら

あなたの悩みに関連するページを検索

スポンサーリンク