スポンサーリンク

離婚後すぐに妊娠した場合どうなるの?離婚後300日問題について

知っておきたい離婚の手続き・基礎知識

離婚後300日問題というのがあるのをご存知でしょうか。

なんらかの理由があって離婚が成立したとします。そしてそれほど間をあけずに妊娠した場合、離婚後300日以内に出産した子どもは前夫の子どもとみなされるというというものです。
婚姻の成立の日から200日を経過した後、または婚姻の解消の日から300日以内に産まれた子は婚姻中に懐胎したものと推定される)

実際の子どもの父親が別の男性であっても、前夫とずっと一緒に住んでいなかったとしても、法律でそう決められているため、裁判所で手続きを踏まなければ、妻が婚姻中に妊娠した子は夫の子と推定され、前夫の子として扱われ、前夫の子として戸籍に入ることになります。

ただしこの長く問題となっていた離婚後300日問題を解決できる方法もあります。それは離婚後に妊娠したということを証明できる医師の証明書があれば、出産後に実父の子どもとして戸籍に入ることができるというものです。

離婚後の出産300日問題と調停・裁判手続き

離婚後すぐに妊娠した場合には、離婚だけでも大変なのに、子どもの父親は誰かという問題でも本当に大変な思いをしてしまうケースがあります。

母親は自分が10ヶ月おなかの中で育てて出産するので自分の子どもであることは間違えることはありませんが、男性は相手女性が妊娠しただけでは、女性のお腹の子が自分の子であるかどうかはわかりません。

絶対に前夫の子どもではない、その可能性は0だという場合でも、法律では前夫の子だと扱われてしまうため、そのままでは実父との関係がややこしくなってしまいます。

そのため、前夫を相手方として前夫と生まれた子どもが親子ではないということを求める調停や裁判手続きを行わなくてはなりません。

具体的な方法としては、DNA鑑定をした上で親子関係不存在確認を申立てます。そしてこれが裁判所によって認められれば、ようやく実父の子として戸籍が与えられるというものです。

また、当事者同士の間で、すでに生まれる子どもが前夫の子ではないと合意している場合には、嫡出否認調停といって、前夫が裁判所に自分の子どもではないと申立てをすることができます。結果、裁判所が調べて前夫の子ではないことが認められれば、前夫との親子関係は否定されます。

注意したいポイント
嫡出否認調停は子どもが生まれて1年以内に行なう必要があり、すでに一度自分の子だと認めてしまっている場合は申立てできません。

他にも、元夫の戸籍に子どもが一時的にでも入るのが嫌で、母親が生まれた子の出生届けを出さないこともあり、それが問題になっています。その子は戸籍がないために無国籍児童とされ、この世には生まれていない存在として位置づけられてしまいます。

関連ページ

「離婚後」に関するページ一覧はこちら
「不倫・離婚ドットコム」の最新のページ一覧はこちら

あなたの悩みに関連するページを検索

スポンサーリンク