スポンサーリンク

離婚後の恋愛は怖さもある

離婚の悩み体験談

離婚後は、またつらい思いをしたくないという気持ちもあり、それならば恋愛をしないのが一番いいのではないかと思っていたのですが、人を好きになるという気持ちに理由などありません。

でも、離婚してはじめて好きな人ができた時には、「好きだけど、また傷つくのは嫌だ…」と、好きという気持ちと同時に大きな不安が心に浮かびました。

前の夫とは恋愛結婚をしたのですが、結婚後少しして私に対する気持ちが冷めてしまったようで、夫婦らしい生活をすることがなくなりました。

暴力を振るわれたりするということもなく、家にお金を入れないということもないのですがあまり相手にしてくれないようになったのです。まるで他人と同じ家で暮らしているような感じで、どうしてこうなってしまったのかと思いました。

そして、どうやら夫は他に好きな女性ができたということで、私への気持ちが冷めてしまったようでした。その時はあまりのショックで倒れそうになってしまったほどです。そして話し合いの結果、やり直しも難しそうだということで別れることになったのです。

そのようなことがあっただけに、離婚後の恋愛に対してどうしても引け腰になってしまっていたのですが、最近になって気になる人が現れ、相手も自分に対して好意を持ってくれているようだったので付き合うことになったのです。

一緒にいるととても楽しいですし、この人なら自分を幸せにしてくれそうだという思いはあるのですが、結婚に失敗したということもあってどうしても積極的になれない部分があり、付き合っていても恋愛について少し怖く感じてしまいます。

気持ちを整理して、恋愛への不安を取り除く

悩み解決のヒントを探しましょう。

人の気持ちはコントロールすることはできませんし、コントロールするものでもありません。他人の気持ちどころか、自分の気持ちでさえよくわからなくなってしまうということも、誰しも多少は経験されているのではないかと思います。

そして、人と人とが自然に惹かれ合う恋愛においては、自分の予想した通りにストーリーが進むというようなことは、ほとんどないのではないのでしょうか。

思ったようにいかない恋愛、でも、それで不安をふくらませて、焦ったり感情的になって結論を急いでしまうのは逆効果です。

ポイント
ではどうすればよいのかというと、「恋愛に不安はつきもの」と、自分の不安な気持ちを認め、受け入れる。そのうえで、自分の気持ちを整理するために、一度立ち止まってみることです。

「この先自分はどうなっていくのか?」と、今より先の未来の見通しがついていないとき、人は不安になります。そして「うまくいかないかもしれない」というネガティブな気持ちがそこに加わると、不安はさらに大きくなり、冷静な判断ができなくなってしまうのです。

だからこそ、そんなときには、自分の状況や気持ちを一歩引いて見つめてみる、整理してみることが大切です。その結果、不安になっているその原因について、自分が何とかできるものなのか、できないものなのかを見極め、どうしようもできないものについては一旦手放す、できるものについては「今、何をするべきなのか」を明確にして行動しましょう。

行動することで、ふっきれる気持ちもあります。不安なときこそ、自分の状況を冷静に見つめ、「今」できることをハッキリさせることできっと少しずつ不安はなくなってくるはずです。ネガティブな気持ちに支配されることなく、今の気持ちを大事にすることが、恋愛では大切なのではないでしょうか。

関連ページ

「離婚後」に関するページ一覧はこちら
「不倫・離婚ドットコム」の最新のページ一覧はこちら

あなたの悩みに関連するページを検索

スポンサーリンク