スポンサーリンク

離婚届を郵送で提出する場合のメリット・デメリット

知っておきたい基礎知識

離婚届けを書き終えても、役所に提出しなければ離婚はできません。

どちらか片方が率先して役所に持っていくなら問題ありませんが、仕事の都合や様々な事情から役所に足を運ぶのはちょっと嫌だと感じる人もいるでしょう。

それほど離婚が珍しくなくなった今日でも、やはり引け目のようなものを感じてしまうのが人間なのかもしれません。そんな時に重宝するのが、離婚届を役所に郵送して受理してもらう方法です。

人生の中で一、二を争うような大きな出来事を、郵送で処理してもらっていいのかと驚く人も多いでしょうが本当です。郵送にすると離婚届に不備があった場合に受理できず返されてしまうので、その分だけ離婚するタイミングが遅れてしまうというデメリットがありますが、「役所で偶然知り合いにあって離婚を知られてしまうんじゃないか…」など不安をお持ちの方にとっては、誰にも見られずに離婚届を提出することができる郵送での提出はとてもメリットのある方法といえるでしょう。

また、ポストに投函する程度なら忙しい日常の合間でも簡単にできるので、役場に直接持っていくよりも精神的負担が軽いうえ、時間や手間もかからない点が魅力的です。

ただこの方法だといつ受理されたのか分かりづらいので、離婚届と一緒に返信用封筒と「離婚受理後の戸籍謄本を返送してください」と書いた手紙、戸籍謄本の手数料を同封しておくことをおすすめします。

戸籍謄本は離婚後なにかと必要になってくる書類ですし、戸籍謄本が入った封筒が手元に来た時点で離婚が成立したと分かるからです。

郵送で離婚届を提出する場合の注意点

  • 郵送で離婚届を提出する場合には、届け出日の日付欄に郵送日を記入する。
  • 夜間、休日、郵送の場合、受付はされても、実際に受理されるのは翌日以降の業務時間内となる。
  • 郵送後、内容の確認がされた後、受理となる。もしも記入もれやミスがあれば、平日の業務時間内に役所に出向いて訂正を行う必要がある。

記載について不安があるという方は、最初から役所の業務時間内に直接役所へ離婚届けを提出した方がよいかもしれません。その際には訂正に備えて必ず印鑑を持参するように気を付けましょう。

関連ページ

「離婚届」に関するページ一覧はこちら
「不倫・離婚ドットコム」の最新のページ一覧はこちら

あなたの悩みに関連するページを検索

スポンサーリンク