スポンサーリンク

離婚の際の財産分与を有利に進めるために

知っておきたい基礎知識

離婚することが決まった場合には、それまで2人で築き上げた共有財産の財産分与を行うことが一般的です。

財産分与では婚姻期間中に築いた財産を夫婦で分けることになりますが、たとえ婚姻中に妻がずっと専業主婦で無収入だったとしても、その貢献度に応じた割合(50%とすることが多い)の財産を分与される権利は認められています。

夫からすれば、自分が仕事をして稼いだお金であり、そのお金で買ったものばかりだから、妻に分けるのはおかしいと思う方もおられるかもしれませんが、結婚生活では妻は夫を支え、そのおかげで夫は仕事に専念することができたという考えのもとに、財産は2人で築き上げてきたものということから、その権利は認められているのです。

財産分与では、「夫婦の共有財産を半分に分ける」と基本的には決められていますが、もし離婚の原因が夫の不倫だとすると場合によっては、妻が優位で財産を多めにもらうことができます。

ただし、そのためには夫が不倫をしていたとしっかり証明することが必要になります。不倫の証拠があれば財産分与に有利になるだけでなく、慰謝料を請求することもできます。

慰謝料は夫が貯金がないからという理由で払うことを拒否しても、その責任を逃れることはできず回避することはできません。もし慰謝料として十分な額を支払うことができないという場合には、その分を財産分与に上乗せして多めに妻に分けるという「慰謝料的財産分与」という方法で分与が行われることもあります。

離婚を申し出るまえにしっかりと財産について把握しておくこと

財産分与を有利に進めるためには「資産を把握する」ことが大きなポイントとなります。それによって財産分与の額が大きく変わることもありますので、必ず一つ一つきちんと調べ把握しておきましょう。

財産分与の対象となるものと把握のポイント

  • 自分とパートナーそれぞれの預貯金額(銀行・支店名は必ずチェック。できれば通帳のコピーや写真もとるようにする。)
  • 土地、建物などの不動産の評価額と住宅ローンの残額(名義人は必ずチェック。評価額によってはオーバーローンとなり資産価値はゼロまたはマイナスになる可能性もある。)
  • 生命保険・学資保険などの各種保険(解約した場合の返戻金や満期払戻金の額を調べておく。)
  • 有価証券(株式や国際などを持って入ればその証券の時価や証券口座について調べておく。)
  • 借金(マイナスの財産として計算されるので必ずチェック。)
  • 退職金(同居期間の年数に応じて分与額が計算されるます。まだもらっていない場合にはは支給の保証度合によって対象にならないことも。)
  • 自動車(中古価格の査定を参考にして調べ、ローン残高があれば評価額から差し引きます。)
  • 年金(分割の対象となるのは、夫が加入している厚生年金または共済年金にあたる部分のみであり、分割対象期間は婚姻期間中に限られている。)
  • その他(高価な貴金属や装飾品、美術品、骨とう品など。購入価格や時価を調べておく。)

注意したいポイント
資産の把握のために調査を始めるまえに離婚を切り出してしまうと、相手が財産を隠してしまうことがあります。本来分与の対象となるはずだった財産をうまく隠されてしまい、それを証明できないとなると、不利な条件で合意せざるとえなくなることもありますので、資産の調査は必ず「離婚申し出のまえ」に行うことをおすすめします。

もしも自分では分からないことが多く何から手をつければいいのかわからない」「パートナーに不倫の疑いがあるが自分での調査は難しい…」というような場合には、弁護士や探偵の無料相談を利用しアドバイスをもらってもいいでしょう。

迷っているだけでは問題が解決することはありません。少しでも有利に離婚・財産分与の話し合いが進められるよう勇気を出してまずは一歩踏み出しましょう。

関連ページ

「離婚 財産分与」に関するページ一覧はこちら
「不倫・離婚ドットコム」の最新のページ一覧はこちら

あなたの悩みに関連するページを検索

スポンサーリンク