スポンサーリンク

離婚時の財産分与でマンションの問題が浮上

離婚の悩み

離婚をするときに問題となることの1つが財産分与です。私は妻との話し合いの結果、給料や貯金などを財産分与しましたが、住宅ローンが残ったマンションについてはかなり悩みました。

というのも、住宅ローンが残ったマンションは、どちらかが住み続けるとしたら名義人である私がローンを返済していかなくてはなりません。養育費の支払いに加えてローンを返済していくというのはかなり大変です。養育費を減らすかわりにローンを返済するということも考えましたが、やはり離婚をしたらあとくされのないように共有財産は綺麗さっぱり処分してしまうという結論に至りました。

ローンが残ったマンションの売却方法はいくつかありますが、妻と話し合った結果、財産分与にあてるお金をローンの返済にあてることにしました。もちろん、貯金だけではどうにもなりませんので、残ったローンはマンションを売却して得たお金を使って完済しました。住宅ローンについても妻と半分ずつ負担を分けたことになりましたが、理解のある妻で助かりました。

マンションの査定ではオーバーローンとなっていましたが、オーバーしている金額を貯金から出すことでオーバーローンの状態を解消し、ローンを完済することができました。任意売却という方法も検討しましたが、デメリットが大きいので止めておきました。

財産分与のお金の多くをローンの返済にあてたので、残った財産は200万円もありませんでしたが、妻と半分ずつに分割しました。その後、子どもの養育費も払っているので大変な日々が続いていますが、離婚をしてお互い新しい人生を歩み始めています。

※オーバーローンとは…不動産価格の下落により、住宅ローンから不動産の現在の評価額を指し引いたあとの不動産の価値がゼロやマイナスになること

離婚後も住宅ローンの残る家に住む場合の注意点

知っておきたい基礎知識

住宅ローンの残額はマイナスの財産として財産分与の対象となりますので、マンションや一戸建て住宅をお持ちの方が離婚する場合には注意が必要です。

住宅ローンが残っている場合では、どちらが支払いを続けるのかを明確にすることが求められます。一般的には住宅ローンの名義人が支払う方法ですが、その際には不動産物件の行方も肝心な内容です。

また、ローンの名義人は夫であっても、子どもがいる家庭の場合には、収入面で余裕がある夫がほかの住宅へと引っ越しを行い、名義人は夫のままで妻と子どもがそのまま住宅に住み続けるというケースも多く見られます。

夫が契約者、妻が連帯保証人の場合には

住宅ローンというのは、契約者と連帯保証人がそれぞれ署名捺印することが多いもので、保証協会などに連帯保証人の役目を任せている場合もあるものの、夫が契約者、妻が連帯保証人というかたちも多くみられます。

注意したいポイント
離婚後に元妻が住み続けるからといって、財産分与で勝手に妻の名義に変更してしまうと、住宅ローンの貸付をしている銀行などの金融機関では、契約違反とみなして一括返済を迫ってくる場合がありますので、事前に金融機関とも相談をしておく必要があります。

また、契約者を変更しない限り離婚後も住宅ローンの支払い義務自体はもとのままですので、契約者である元夫が引き続き支払いをすることになりますが、何らかの事情、たとえば会社を解雇され無収入になってしまったなどの理由で支払いがとどこおってしまうと、今度は連帯保証人である元妻が、夫にかわって住宅ローンの支払いをしなければならなくなることもあります。

ここで元妻のほうも支払いができなくなれば、金融機関では抵当権を行使して、この家を競売にかけて換金することになりますので、家にそのまま住むことは難しくなってしまいます。

住宅ローンの残る不動産の分与トラブルを回避するには

悩み解決のヒントを探しましょう。

住宅ローンの残る不動産を財産としてわける場合、このようにトラブルに発展しやすい傾向にありますが、

  • 夫が納得し合意が得られるのであれば、夫に住宅ローンの支払いを継続してもらう
  • 夫がローンの支払い継続について納得していないのであれば、不動産物件を売却した上で、得ることのできた利益を2等分する

という方法で双方が納得できる場合もあります。この点に関しては各ご家庭でそれぞれ事情が異なりますので、なかなか話がまとまらないような場合には、専門知識をもつ弁護士に相談してみる、または家庭裁判所で調停を通して話し合うなどの方法で納得のいく合意を目指すのが賢明かもしれません。

関連ページ

「離婚 財産分与」に関するページ一覧はこちら
「不倫・離婚ドットコム」の最新のページ一覧はこちら

あなたの悩みに関連するページを検索

スポンサーリンク