スポンサーリンク

離婚で問題となる親権と養育費の支払い義務について

離婚と子ども

離婚をする場合さまざまなトラブルが出てくるのが予想できます。財産分与や慰謝料などの金銭的なトラブルや子どもがいれば子どもの親権と養育費の問題もでできます。

子どものいる夫婦が離婚しようとした場合、子どもに関わる問題を解決しないで離婚することはできないため、子どものためにも離婚前と同程度の水準で生活ができるようにしっかりと話し合うことが大切です。

未成年の子どもがいる場合には、どちらが親権を持つかは大変重要な問題となります。また親権者が決まっていなければ離婚届は受理されないため、そもそも離婚することができないという仕組みになっています。

両親のどちらが親権を持った方がよいかという問題については、子どもにとってより良い選択をすることが重要とされており、自分が一緒に居たいという自分本位な考えではなく子どもを中心として視点で選ぶことが基本となります。

親権を持つということは、子どもに対してしつけや教育、身の回りの世話や財産の管理、契約などの法的な手続きの代理人となるといった義務の側面も強いことも覚えておく必要があります。

親には子どもを扶養する義務があります

知っておきたい基礎知識

養育費とは衣食住の費用や教育費、医療費、娯楽や交通費など、子どもが社会的自立を果たすまでに必要な費用のことをいいます。

そして婚姻関係が解消されても親子の関係は継続するため、離婚後は「養育費」という形で未成熟の子どもを扶養する義務を果たしていくことになります。

注意したいポイント
また親権を持っていない側の親もこの義務は果たすべきものとされており、子どもが成人するまでは、養育するための費用を支払うことが義務づけられています。これはローンの支払いなどで経済的に余裕がない場合でも支払い義務がなくなることはありません

たとえ貧しくても、「生活レベルを落としてでも親として子どもに同等の生活をさせるだけの費用は当然支払うべき義務がある」ということを認識しておく必要があるでしょう。

関連ページ

「離婚と子ども」に関するページ一覧はこちら
「離婚 養育費」に関するページ一覧はこちら
「不倫・離婚ドットコム」の最新のページ一覧はこちら

あなたの悩みに関連するページを検索

スポンサーリンク