スポンサーリンク

不倫の裁判で慰謝料請求するには証拠が大切

不倫の悩みをお持ちですか?

結婚相手の不倫が発覚したときには、極力夫婦間で相談して、事を大きくしたくないものですが、もし夫婦間での話し合いに納得できない場合や、不倫の関係が継続されて問題が解決しない場合には、裁判を起こして慰謝料を請求することができます。

離婚や慰謝料請求を考えて裁判を起こす場合には、証拠が重要なポイントになりますので、不倫を知ったからと言って感情的になって相手を問いつめるのではなく、裁判になる事も念頭に置いて冷静に証拠を集めることが大切です。

不倫の証拠については、2人の通話履歴やデート現場を押さえるのではなく、不貞行為の有無が鍵となります。

2人でラブホテルに入って行く写真や、不貞行為を思わせるメールのやり取りや写真など、肉体関係が認められる内容のものが裁判では証拠となります。

このとき、ハグやキスだけでは不貞行為は認められませんので、注意が必要です。また、相手が不貞行為があったことを認めて、それを書面に残すことができれば、それも裁判では役立ちます。

不倫した配偶者とだけでなく、不倫相手との接触も必要となりますが、感情的になってしまい脅迫と受け取られるような行為に発展しないように注意しなければなりません。

裁判を起こす際には、弁護士などの専門家と相談する事になりますが、その前に、離婚を目的にするのか、不倫関係を辞めさせる事が目的なのかをしっかりと自分で決めておく必要があります。

そのうえでよりより結果が得られるよう、なぜそのような状況になってしまったかなどの原因追求や、問題解決のための話し合い、裁判などを行いっていくこととなります。

不貞行為とは?

知っておきたい基礎知識

「不貞行為」とは、「配偶者のいる者が、夫または妻以外の異性と自由な意思のもと性的関係をもつこと」です。

ですので、ただ単に「デートした」「手をつないだ」「キスをした」というような行為のみであれば、法律上では「不貞」とは認められません。

「不倫」「不貞」を裁判で証明するためには、あくまで肉体関係があったかどうかがポイントとなるのです。

不貞行為の具体的な証拠として扱われるためには、複数回にわたって繰り返されるラブホテルの利用や宿泊をともなう旅行など、あきらかに肉体関係があると法律上で認められるものでなければいけません。

またその頻度や期間についても、できるだけ詳しい情報があるとさらによいでしょう。不貞行為が頻繁であったり、長期間にわたればわたるほど、配偶者をより悪意を持ってあざむいているととらえられますので、それらの事実について立証が可能となれば、慰謝料請求や親権などを含めた離婚条件の決定に有利にはたらくこととなります。

関連ページ

「不倫 裁判」に関するページ一覧はこちら
「不倫・離婚ドットコム」の最新のページ一覧はこちら

あなたの悩みに関連するページを検索

スポンサーリンク