スポンサーリンク

不倫相手を訴えるための証拠集め

不倫の悩みをお持ちですか?

不倫をされている事がわかった時には、まずはどうするかを考えるようにしましょう。

冷静な状態でいるのは難しいことではありますが、ここで冷静にならなければ、いい方向に進めていくことが出来ません。自分がどうしたいのかを冷静に考えることで、今後の人生をよりよいものにする選択ができるようになるのです。

不倫がどうしても許せないと考えるのであれば、離婚の方向に進めていくとよいでしょう。
もちろん離婚理由は、相手の不貞が原因です。離婚することを決断したのであれば、その不貞の証拠をしっかりと集めて、有利に離婚を進めていかなくてはなりません。

不倫という裏切り行為に対して、感情的になってしまう部分ももちろんあるでしょうが、離婚した後の生活のことを考えれば、当然財産の分与でもできるだけ有利に話を進めるべきですし、子どもの養育費や慰謝料など、もらえるものはしっかりもらってできるだけ早く生活を安定させることが大切です。

ポイント
また、パートナーと不倫相手が「不倫をしていた証拠」があれば、慰謝料は不倫をしたパートナーだけでなく、不倫相手にも請求することが可能です。しっかりと代償を支払ってもらい、反省をしてもらうようにしましょう。

不倫を証明する証拠

パートナーに対してだけではなく、不倫相手を訴えるためにも、調停や裁判で法的に「不倫」を証明することができる明らかな証拠が必要です。知らないを突き通されてしまえば、慰謝料をもらうことはできません。

裏切り行為の事実について確信があるのに、不貞をなかったものにされてはたまりませんので、確実な証拠集めをするようにし、しっかりと慰謝料を支払ってもらうようにしましょう。

不倫に関する明らかな証拠があれば、調停で調停委員が味方をしてくれ、有利に話を進めやすくなります。またパートナーも、事実を認めるしかなく、離婚する場合の条件などについて交渉がしやすくなるという利点があります。

仮に離婚までいかなかったとしても、客観的な事実を知っておくことで、その後また問題が発生した場合などに、必ず役に立つでしょう。

では、証拠集めはどのようにして行っていけばよいのでしょうか?

パートナーの不倫…証拠集めのポイントは?

パートナーの不倫を証明を集めるときのポイントは、まず以下のような視覚的に不倫の事実を確認できるようなものを発見したら必ず写真で撮影しておくこと。

  • 「2人の密会写真」
  • 「ホテルなど不倫関係の証拠となるレシート」
  • 「不倫相手とのメールのやり取り」
  • 「フェイスブックやLINEなどのSNSの投稿履歴」
  • 「スケジュールが記載された手帳」

ただし、パートナーに気づかれてしまうと、それ以降の調査がしにくくなってしまいます。

注意したいポイント
ウェブメールなど勝手にログインすると「いつもと違う端末からのログイン」や「不正アクセスの可能性があります」などのメールでパートナーに不倫について調べていることを気づかれてしまったり、パスワードなどを変更されてしまったりする可能性がありますので、十分注意しながらできるだけたくさんの情報を集めましょう。

あまり無理をせず、まずは自分でできる範囲で証拠となるものがないか探ってみて、少しでも気になる点があるものについては、とにかく写真におさめておくことをおすすめします。

また、パートナーが車でひとりで出かけるときなどには、こっそりと車内にGPS端末やICレコーダーを忍ばせておくことで、パートナーと不倫相手の密会場所を知ることができたり、不倫相手との会話を録音できたりすることもあります。

相手が誰かがわかっていない場合はその相手についても調べておく必要がありますが、そのような場合ですと個人が調査を行うことはかなり難しいものがありますので、やはり探偵などの専門家に依頼する方がしっかりとした証拠が手に入ります。

不倫調査は相手に気づかれずに行うことが非常に重要ですから、難しいと感じる場合は、やはりプロの探偵に調査を依頼した方がよい場合もあります。特にホテルへの出入りの瞬間など、決定的な不倫現場の撮影については素人には非常に難しいものになります。

もちろん費用は発生しますが、そのような場合は探偵事務所に相談すれば大きな力となってくれるでしょう。

関連ページ

「不倫相手」に関するページ一覧はこちら
「不倫調査」に関するページ一覧はこちら
「不倫・離婚ドットコム」の最新のページ一覧はこちら

あなたの悩みに関連するページを検索

スポンサーリンク