スポンサーリンク

旦那の不倫が原因で離婚…立ち直るために

不倫の悩み体験談

旦那とは高校時代から付き合っていて、そのせいかすごく信用していました。仕事も真面目に行ってくれ、子ども達や私にもとても優しくて、文句のつけようがない人でした。

そんな旦那がまさか不倫をするなんて思ってもいませんでした。いつも仕事が忙しくて、帰りも遅かったのですが、それもみんな私たち家族のために一生懸命働いてくれているんだと思っていたのです。

残業代なんてついてはいませんでしたが、サービス残業も文句も言わずに頑張っているんだから、私がそんなことを聞いてはいけないと思っていました。

ある日、主人から「仕事で遅くなる」とメールが来ました。主人も遅くなるならと、以前から子どもたちが行きたがっていたレストランに食事に行くことにしたのです。そして食事に行った帰り、旦那が見知らぬ若い女性と腕を組んで歩いているのを見かけました。

その親しげな様子から、2人は不倫をしているというのはすぐにわかりました。2人の後をつけていくと、ホテルに入っていくのを見てしまいました。もうどんな言い訳もできない場面を目撃してしまったのです。

追いかけてなんか行かなかったらよかったと思いました。その日、旦那は遅くまで帰ってきませんでした。ずっとあの女と一緒だったのでしょう。すごく悔しかったし、側にいるだけでも汚らわしく感じました。

不倫を見て見ぬふりできなかった私には、離婚するしかありませんでした。離婚後、子ども達の親権は私が持っています。旦那に会わせるつもりはありません。生活は苦しいけれど、離婚してよかったと思っています。

立ち直るために真実を受け入れる

幸せになりたい

信じていた夫の裏切り。体験者の夫が不倫に走った事情までは分かりませんが、その事実を変えることはできません。

このように、夫や妻の「不倫」を知ってしまったとき、その真実から目をそらしてしまうと、なかなか立ち直ることができません。

真実を知りたいという想いと真実を知るのが怖いという裏腹な想いが自分の中で消化できず、さらにそこへ妄想などが加わると、さらに苦しみが深くなる可能性もあります。

「不倫」という行為によって信じていたパートナーに裏切られたショックは計り知れません。冷静になるまで少し時間が必要かもしれませんが、それができたなら、そこから前に進むためにも以下のポイントについてまずは自分の気持ちを確かめてみましょう。

パートナーの不倫が発覚…最終的にどうしたいのか?

夫や妻の不倫から立ち直って前に進むためには、しっかりと自分の気持ちを確かめ、そこからどのような選択をするべきなのか考えていかなければいけません。

1. とにかく真実を知りたい
2. 何があってもやりなおしたい
3. 相手をギャフンと言わせたい
4. 子どものために生活や関係を修復したい
5. 離婚を迫られたときの防衛手段・相手に対抗するための情報収集
6. すぐに別れる・離婚する
7. 不倫をしたパートナーに慰謝料を請求する
8. パートナーの不倫相手に慰謝料を請求する
9. パートナー・不倫相手の両方に慰謝料を請求する
10. 長期的な離婚計画をする(子育て・経済面・証拠集めなどを考慮して)

ポイント
パートナーの不倫が発覚したとき、そこから先はあなたが「最終的にどうしたいのか?」それをしっかり見極めることが、それ以降のあなたの人生を決める大きなポイントとなります。

選択によってそこからの行動や結果は大きく変わります。どうか後悔のない決断のもとにパートナーの不倫から立ち直るために、時間をかけてとことん自分の気持ちを見つめ、本当の自分の望みを知ることをおすすめします。

関連ページ

「夫の不倫」に関するページ一覧はこちら
「不倫・離婚ドットコム」の最新のページ一覧はこちら

あなたの悩みに関連するページを検索

スポンサーリンク