スポンサーリンク

妻に不倫された夫の言い分です

不倫の悩み体験談

不倫された夫というのは、こうまで立場が弱いものでしょうか。私の妻は、介護の仕事をしており、妻との間に2歳の一人息子がおりました。

妻の勤め先の施設には託児所があるので、昼間の勤務の際には息子をそこへ預けながら働いているのですが、夜勤のときには私に息子を預けて行きます。

私も子どもの面倒を見るのは好きですし、息子のこの年齢の時代は2度と戻ってこないので、なるべく息子に手間をかけたいと思いました。そこで、勤めていた職場があまりにも残業の多い所謂ブラック企業だったので、息子が1歳のとき、残業の少ない職場に転職しました。

しかし妻は、本当に夜勤の日もありましたが、夜勤だと偽って職場の男性と不倫していたことがあったのです。妻の携帯電話を息子がいじっていて、それをとりあげようとしたら妻と不倫相手とのメールが見えてしまいました。

妻を問い詰めたところ、妻の言い分としては、私が子どもが生まれたのに転職をしているのが困ると、その不倫相手に相談したことがきっかけだったそうです。

たしかに、安月給の私の給料だけでは生活がままならないので、妻はフルタイムで働いてくれています。そのことには感謝していますが、私は料理、掃除、子どものオムツ交換ともに、むしろ妻より手際がよくこなせます。

そして、転職をしたといっても、給料はちゃんと家に入れ続けています。もし、これが夫と妻の立場が逆の話であれば、転職をした妻の非は認められないというのが世間一般の認識だと思います。

不倫された夫である私は、妻の裏切り行為が許せないのです。しかし、妻の身内や友人たちは、甲斐性無しの私が悪いというのです。

介護関係の仕事をする女性の不倫が多いわけ

介護関係の職場で女性の浮気や不倫が多いのには理由があります。介護職は、仕事をはじめたい女性にとって参加しやすい反面、仕事としては大変な部分も多く、ストレスを抱えやすくなるという問題もあります。

ストレスを抱える女性は、そのストレスをどこかで発散したり、癒されるものを探すなどして無意識にバランスを取ろうとします。そのうちのひとつのパターンとして、職場での不倫へと発展してしまうことが多くあります。

注意したいポイント
また介護関係の仕事では、日勤だけでなく、夜勤なども含めてシフト制で働くことが多いため、不倫の事実が明るみに出にくく、不倫の期間が長く続いたり、不倫相手との関係がより深くなりやすい傾向にあります

その結果、不倫が発覚するころにはどっぷりと不倫にハマってしまっている状態であり、夫婦関係の修復は難しく、別居や離婚へと話が進んでしまうことになるのです。

もちろん、すべての人がそうなるというわけではなく、介護職以外であってもストレスの多い職場では同じようなことが起こりえます。

パートナーの浮気や不倫を防ぐためには

悩み解決のヒントを探しましょう。

体験者の「妻の裏切りが許せない」という気持ちもよくわかりますが、その「裏切り」を引き起こしてしまった原因について、「自分にも原因はなかったか」相手を責めるだけではなく、自分の態度や言葉についても振り返ってみることも必要ではないでしょうか。

相手の気持ちや立場、環境について理解しようとしていれば、「生活を豊かにするためにお互いよかれと思ってした転職や労働が不倫につながってしまう…」というようなボタンを掛け違いを防ぐことができたかもしれません。

夫婦は信頼し合っているものと思いがちですが、実はそれほど単純ではありません。パートナーの浮気や不倫を防ぐためには、やはり普段からの夫婦のコミュニケーション、そして夫婦がお互いをいたわり合う気持ちを忘れないことが大切だと言えそうです。

関連ページ

「妻の不倫」に関するページ一覧はこちら
「不倫・離婚ドットコム」の最新のページ一覧はこちら

あなたの悩みに関連するページを検索

スポンサーリンク