スポンサーリンク

離婚原因はありがちですが性格の不一致でした

離婚の悩み

離婚原因はよくあることなのかもしれませんが、性格の不一致でした。結婚当初から互いになんだか違うなという違和感があり、それは結婚生活を続けていくごとにそれは大きくなっていきました。

どこでこうなってしまったのかはわかりませんが、互いに夫婦という関係でいるのは難しいのではと思うようになっていったのです。結婚をする前は互いに好きあっていたはずだったのに、一緒に暮らすようになってからは相手の細かい部分が許すことができなくなってしまったのです。

結婚は互いに譲歩することが大事なのでしょうが、私達はそれを互いに「相手が譲歩すべきだ」と考えていたことによってすれ違いが大きくなり関係の修復が困難になってしまったのです。

最終的な離婚原因は性格の不一致ですが、それをずっとそのまま放置していたわけではなく、自分たちなりになんとか関係の修復を試みようと思ってはいたのですが、結局それも上手く行かずに最終的には別れることになってしまいました。

周囲の人からすれば離婚原因が性格が合わないからというのは、勝手に思うかもしれませんが実際に当事者となってみると一度ねじれてしまった関係というのは元の戻すのが難しく、ほかによい解決策が見つからなかったのです。

できれば離婚をせずに昔のようなよい関係になることができればと思っていましたが、それはあくまでも理想論であり、現実的には一緒にいることで互いが苦しくなる一方であったため、離婚を決意したのです。

お互いが相手の非を責める「性格の不一致」での離婚は話し合いが長引くことも

性格の不一致が原因で夫婦が離婚へと至る場合、その価値観や考え方はすでにほとんど一致することがなくなっているのですから、話し合いではお互いに避難しあう結果となることが多くあります。

「私が悪かった」「私にも悪いところがあった」と、互いが歩み寄ることができる夫婦であれば離婚回避も可能かもしれませんが、逆に「相手が悪い」「自分の意見は正当なものだ」と互いに離婚原因をなすりつけあうような夫婦であれば、いくら話し合いを重ねてもその溝が埋まることはないでしょう。

このように離婚の話し合いで相手の非を追求することは、「相手に非を認めさせ、それに見合う慰謝料や謝罪、離婚への同意を引き出す」目的で行われるものです。

ですが、これがDV被害や浮気、不倫など決定的な離婚原因となるものではなく、「性格の不一致」であるような場合、離婚原因となるはずの「相手の非」は互いの認識の違いによるもの、双方にあるものと考えられ、なかなか納得いく結論に至らず、結果離婚までの期間を長引かせてしまうこともあります

一刻も早く離婚するためには

悩み解決のヒントを探しましょう。

借金や暴力、不倫問題などがあった場合には、もちろんしっかりと責任追及を行う必要がありますが、すでに夫婦が互いに性格の不一致を認め離婚の話がすすんでいる場合はその限りではありません。

ポイント
一刻も早い離婚を望むのであれば、「どちらが悪くて離婚となってしまったのか?」という責任追求や「自分だけが被害者だ」と被害者としての主張をするのではなく、双方にそれなりに原因があったことを認め、離婚条件などについての話し合いに時間をさくほうが早期に離婚を成立を実現できる可能性があります。

責任追及を行うのは、双方に夫婦関係を修復していく気持ちがある場合において、それまでの言動や夫婦関係を見直し、反省するために、前向きにその問題点について話合う場合に有効なのではないでしょうか。

関連ページ

「離婚原因」に関するページ一覧はこちら
「不倫・離婚ドットコム」の最新のページ一覧はこちら

あなたの悩みに関連するページを検索

スポンサーリンク