スポンサーリンク

離婚の慰謝料は何を基準に決める?

知っておきたい離婚の手続き・基礎知識

離婚の慰謝料は、一般的には離婚原因となった「不貞」や「暴力」などを行った相手に対しての損害賠償請求だと考えてよいでしょう。

ですので、「性格の不一致」による離婚など、双方に問題があるケースでは慰謝料の請求をすることはできません。

では、離婚における慰謝料の金額は何を基準に決められているのでしょうか?

慰謝料の金額については、はっきりとした決まりはなく、夫婦間の協議で決められるものですが、どちらかが納得できない場合などは、家庭裁判所を通して調停で慰謝料の金額を決めることとなります。

慰謝料を決める基準について

慰謝料の金額は夫婦の離婚原因や事情によって決まりますが、その際以下のような基準にそって決められることが多いようです。

  • 慰謝料を請求される側の経済状況(経済状況がよければ慰謝料も高くなる傾向にあります)
  • 離婚原因についての精神的・肉体的な苦痛の大きさ(苦痛が大きくなれば大きくなるほど慰謝料は高くなります)
  • 離婚原因についての責任の所在(慰謝料を請求する側にも離婚原因となる責任がある場合、慰謝料は低くなります)
  • 財産分与の額(財産分与の額が多ければ慰謝料は低くなる、逆に財産分与の額が低ければ慰謝料は高くなる傾向にあります)

そのほか、

  • 離婚に至ることとなった原因・経過・
  • 婚姻期間・別居期間
  • 子どもの有無・養育費の額
  • 離婚後の扶養の必要性
  • 年齢・性別
  • 社会的地位

など、さまざまな要因が算定の際に考慮されることとなります。

その結果、慰謝料の金額が決まれば、「離婚協議書」などの合意文書を作成しますが、普通の文書では法的な強制執行力がありませんので、必ず公正証書にしておくことが大切です。

注意したいポイント
離婚の際に「慰謝料を請求しない」という約束を交わしてしまうと、後で慰謝料を請求することは非常に難しくなりますので、離婚後の生活を考えて、安易な結論は出さないよう気をつけましょう

あなたの悩みに関連するページを検索

スポンサーリンク