スポンサーリンク

熟年離婚をした男性と女性のその後

熟年離婚

熟年離婚という言葉は、最近では珍しいものではなくなってきています。何十年と連れ添ってきた夫婦であったとしても、その先も必ずしもずっと夫婦でいられるとは限りません。

どの夫婦にも、長年積み重ねた不満が何かのきっかけで爆発したり、じわじわと不満がが大きくなるなどして、どちらかがもう無理だと思ったときに、熟年離婚へとの道を突き進んでいく結果になることもあるのです。

熟年離婚をした後は、女性の場合、人生を謳歌するようになる人が大半です。それは、今まで夫に遠慮したり押さえつけられていたりした人生が、ひとりになったことで自由を得て好きなことができるようになり、毎日楽しく暮らせるようになるからです。

しかしその反面男性の場合はどうかというと…男性の離婚後の生活は、寂しい生活を送ることになる人が多いのようです。

妻に家事を任せきりだった人は、食生活が一気に乱れ、それまで料理などをしてこなかった場合には外食ばかりですませるようになったり、栄養バランスを考えない食事になることによって、体調を崩してしまう人も多いようです。

家事は妻にまかせきりだった、家の中の掃除もろくにしたことがなかったという人の場合は、家の中があれるようになり、何がどこにあるのかもわからない状態で生活をしていくようになってしまい、悲惨な状態になってしまうケースもあります。

熟年離婚の前にも後にも役立つ夫の家事参加

悩み解決のヒントを探しましょう。

妻から突然熟年離婚を切り出されて困らないようにするためには、男性としてできることは2つあります。

ひとつは何としても熟年離婚を切り出されないように予防策をとっておくこと。もうひとつは妻がいなくなったとしても、自分でしっかりと健康的な生活を送ることができるよう、普段から簡単な料理や家事の技術を身につけておくことです。

料理や家事の分担は、妻の負担を軽くします。これは妻からの突然の離婚申し出に対しての準備になるだけでなく、夫婦関係にもよい影響を与えることに役立ちます。また離婚でなく、妻に先立たれてしまったというような場合にも、非常に役に立つでしょう。

さらに、妻を束縛しすぎないように、そして自分の好きな事もさせてあげるようにしていくことができれば、妻は夫からの思いやりの気持ちを感じることができます。

長い夫婦生活の中で、いつの間にか夫婦関係にみぞができてしまっていると感じているなら、熟年離婚の予防策として、夫婦関係改善のためにほんの少し上記のような努力をされてみるとよいのではないでしょうか。

それまで夫に抑圧されていると感じていた妻であれば、夫の変化や思いやりの気持ちを感じることで、ギクシャクした気持ちが少しずつ和らぎます。それまでにもしも熟年離婚へ気持ちが傾いていたとしても、十分に離婚を考え直すきっかけになるのではないでしょうか。

関連ページ

「熟年離婚」に関するページ一覧はこちら
「不倫・離婚ドットコム」の最新のページ一覧はこちら

あなたの悩みに関連するページを検索

スポンサーリンク