スポンサーリンク

職場でW不倫した夫、許せない私がとった行動とは…

不倫の悩み体験談

夫は家族を大切にしてくれて、我が家は安泰だと思っていたのですが、今から数年前、ショックな出来事が起こりました。

夫と同じ職場で働く知り合いに、もしかしたら夫がW不倫をしているかもしれないと言われたのです。職場の同僚で妙に仲が良い女性がいるようです。まさかとは思いましたが、優しい夫の事ですから女性から言い寄られる事もあるかもしれない、W不倫も本当かもしれないと胸騒ぎがしました。
これまでは絶対にしてはいけないと思って携帯のチェックをした事は無かったのですが、夫がお風呂に入っている間にそっと見てみると、同じ名前の女性から着信、メールがありました。

メールの内容は、「今日は楽しかった」「一緒にいると落ち着く」といったものです。私の性格上、黙っている事は耐えられず、すぐに携帯を見せながら夫に詰め寄りました。

夫は、最初は勝手に携帯を触った事に対して怒っていたのですが、最終的には渋々彼女との関係を認めました。相手は同じ職場の同期で入社した女性で、彼女の悩みを聞いている間に深い仲になったようです。

私は、夫に怒りがこみ上げたのはもちろん、その女性に対しても激しく嫉妬しました。W不倫の恐ろしさを思い知らせてやると思い、夫の携帯を使ってその女性に電話をかけました。

そして「夫とまだ関係を続けるようなら、あなたのご主人に知らせますよ。」とハッキリ自分の思いを告げました。普段は大人しい私の予想外の行動に夫も驚いたようですが、それ以降はきっぱりと関係を終わらせたようです。かなりショックな出来事でしたが、とりあえず今は落ち着いた生活に戻る事ができて良かったと思っています。

不倫された側の行動は予測不可能

不倫は配偶者に対する立派な裏切り行為です。不倫に至るきっかけはさまざまでしょうが、どのような理由があったとしても言い訳は通用しません。

不倫をする側は、家庭を壊すつもりがないのであれば、絶対に配偶者に不倫の事実を悟られないよう、細心の注意を払って行動しなければなりません。配偶者にバレる、バレないの問題だけではなく、もしも不倫相手を妊娠させてしまったというような場合には、それはもう自分だけで終わらせることのできる問題ではなくなります。

不倫を隠しきれないのであれば、不倫をやめるか、もしくは不倫がバレたときにどのように対応するのか、しっかりと考えておく必要があるでしょう。

また、不倫された側は、その裏切り行為に対してどのような行動に出るか予測がつきません。上記体験談のように、嫉妬から相手に直接電話をかけたり、深夜に何度も無言電話をかけたり、会社に不倫の事実をバラすなどの脅しまがいの嫌がらせをされることも考えられなくはありません。もちろん、不倫の証拠をつかまれていれば慰謝料を請求することもあるでしょう。

不倫の代償は決して小さくはありません。職場でのW不倫は、よほど注意して行動していないと、周囲に知られてしまう可能性が高いです。どちらにも家庭があるW不倫であれば、お互いに同様のリスクを背負っているということから、不倫がバレた場合にはそのリスクも2倍になると覚悟しておいたほうがいいかもしれません

関連ページ

「W不倫」に関するページ一覧はこちら
「不倫・離婚ドットコム」の最新のページ一覧はこちら

あなたの悩みに関連するページを検索

スポンサーリンク