スポンサーリンク

離婚後の姓(名字)に関する手続きについて

知っておきたい離婚の手続き・基礎知識

離婚後に旧姓に戻る場合には、離婚届の「婚姻前の氏に戻る者の本籍」欄に選ぶ本籍を記入するだけで自動的に変更が行われますので、ほかに手続きなどは必要ありません。これは、原則として、離婚後は旧姓に戻ることが通常の流れとされていることによるものです。

旧姓に戻らず、離婚後も結婚していた配偶者の姓を名乗り続ける場合には、姓を変更する手続きが必要となり、離婚届のほかに「離婚の際に称していた氏を称する届」を提出しなければなりません。

離婚後の姓はどうなる?

法律では、夫婦が離婚した場合、婚姻前の姓に戻ることが定められています。

離婚時に旧姓に戻らず、夫の姓を継続して使用する場合、「姓を変更する手続き」を行う必要があります。(前述の通り、離婚届のほかに「離婚の際に称していた氏を称する届」を提出しなければなりません)

姓の変更は、離婚成立から3か月以内であれば、特別な理由や相手の同意がなくても、「離婚の際に称していた氏を称する届」の届け出と戸籍謄本1通で変更可能です。(変更は1回キリですので、基本、あとでの取り消しは出来ません)

離婚の際にこの届け出を一緒に行っておけば、新戸籍にも婚姻中の姓が記載され、離婚直後から継続して婚姻中の姓を名乗ることができます。

離婚後も婚姻中の姓を名乗り続ける場合の注意点

離婚後も妻が夫の名字を継続使用していく場合、妻の本籍の住所を決めておく必要があります。

注意したいポイント
そしてその住所は、きっちりと「正しい住所(正式な登記上住所)」が記入されていなければなりません。もしも記入ミスがあった場合には、書類を提出した役所に、妻が実印を持って訂正に行かなければならなくなりますので注意が必要です。

そのため、妻が離婚後に夫の姓を継続して使用することを希望しているが、正式な登記上住所の記入について少しでも不安があるという場合には、修正の可能性を考えて夫の記入後、書類は妻が提出に行くことをおすすめします。

また、手続きを本籍地ではなく住所地の役所で行う場合には、戸籍謄本が必要となりますので、届け出を提出する場所によっては事前に取り寄せをしておきましょう。(郵送でも取り寄せ可能です)

離婚後3か月以上経ってからの姓の変更について

しかしもし、離婚後3か月以上経った後に姓の変更をしようとする場合、また、やむをえず3か月以内に姓の変更が出来なかった場合には、家庭裁判所に「氏の変更の家事審判」というものを申し立て、許可がおりれば姓を変更することは可能です。

家庭裁判所で必要な手続きを行い許可を得られた場合、以下にあげた書類や印鑑を準備し、本籍地または住所地のある役所で変更の手続きを行います。

  • 氏の変更届     
  • 届け出人の印鑑
  • 家庭裁判所より交付された氏の変更許可の審判書謄本および確定証明書
  • 戸籍謄本(本籍地の役所で手続きを行う場合には必要ありません)

離婚後3か月以上経ってからの姓の変更は、場合によっては却下されることもありますので、離婚時の姓の選択は慎重に行われることをおすすめします。

子どもの姓の選択について

知っておきたい基礎知識

子どもの姓は、親が離婚したとしても婚姻中の姓のままとなります。そのため、離婚して何も手続きを行わなければ、母親のみが旧姓に戻り、子どもは婚姻中の姓のままということになります。

親権者が父親で、離婚後、子どもが父親と暮らす場合は問題ありませんが、親権者が母親で、母親が子どもを育てていくという場合には、姓が違うことで日常生活や子どもの学校関係などで不都合が生じる可能性が高くなります。

さらに、姓が違うことで、同じ戸籍に入ることもできませんので、非常に注意が必要です。

そのようなことにならないためには、離婚の際に子どもの住所地を管轄する家庭裁判所に「子の氏変更許可申立書」を提出し、子どもの氏を親の旧姓へ変更する手続きを行います。

ポイント
手続きは、子どもが15歳以上であれば本人が(本人の署名・押印が必要)、15歳未満であれば法定代理人 (親権を持っている側の親)が代理して行うことになります。その際には「子ども・父母・法廷代理人など関係者それぞれの戸籍謄本」が必要となりますので、準備をしておきましょう。

家庭裁判所で許可が得られれば、家庭裁判所の「許可審判所」と「入籍届」を住所地の市区町村役所に戸籍課に提出します。これが受理されれば、親子の姓は統一され、戸籍にも入ることができるようになります。

ちなみに、子どもが成人した場合、子どもは自身でどちらの姓を名乗るか選択することができるようになります。ただしそれができるのは20歳の誕生日から1年と決められていますので、必要であればその時期に手続きを行うことを忘れないように注意しましょう。

管理人の体験談

私(管理人)の場合もそうでしたが、名前(姓)が変わることに非常に抵抗を持っています。名前が変わったことで友達からあれこれ言われたりするのも嫌でしょうし、学校で出席をとる際などに急にそれまでとは違う姓で呼ばれることになりますから、その気持ちはとてもよくわかります。年齢によっては、親の離婚について何か詮索を受けたり、そのせいで嫌な思いをすることも考えられるでしょう。

私自身はというと、離婚後も引き続き夫の姓を名乗ることに抵抗がないとは言えませんが、子どもの気持ちを考えると、そこにこだわる意味はないという結論に達しました。

また、20年近い結婚生活の中で、夫の姓が私の友人関係などの中でもなじんでおり、戸籍上で姓を変更しても、現実の生活では夫の姓で呼ばれることになるだろうと予想できること、それをいちいち訂正していかなければならないこと、私のみが旧姓に戻ることは子どもに大きな違和感を与えることになることなどから、旧姓には戻らず、私もそのまま夫の姓を名乗り続けることに決めました。

関連ページ

「離婚後」に関するページ一覧はこちら
「不倫・離婚ドットコム」の最新のページ一覧はこちら

あなたの悩みに関連するページを検索

スポンサーリンク