スポンサーリンク

離婚後の不倫発覚で慰謝料は請求できる?

知っておきたい離婚の手続き・基礎知識

具体的な問題があったというわけではなく、夫婦関係は破綻していないのに、一方的に夫や妻から突然離婚を切り出され、強引に押し切られてしまうことがあります。このようなケースでは、相手側からの一方的な離婚申し出ということで、わずかな慰謝料をもらうことができるでしょう。

ただ、このようなケースでは、離婚した後に、実は離婚した相手には不倫相手がいて、不倫相手が原因で離婚を求められたということがわかる場合が多くあります。

離婚後に不倫発覚した場合、慰謝料はもらえるか

では、離婚した後に不倫が発覚した場合は、慰謝料がもらえるのでしょうか。

離婚後の不倫発覚は決して珍しいケースではありませんが、離婚の際の話し合いで、慰謝料請求はしないという内容で公正証書を作成してしまわれた場合などでは、離婚後に不倫の事実が明るみに出た場合でも慰謝料の請求は非常に難しくなることが多いのです。

慰謝料を請求できるケースについて

ただ、中には慰謝料をもらえるケースもあります。離婚時には不倫の事実を隠されていて、その事実を知らなかったという場合、婚姻期間中の不倫の事実を証明する証拠があれば、堂々と慰謝料を請求することができます。

そのためには、もしも相手に不倫の疑いや不審な点が少しでもある場合は、浮気や不倫の証拠となるものはすべて保管したうえで、離婚後の慰謝料請求について弁護士に相談してみられるとよいでしょう。

不倫の証拠については、写真や動画、又はメール画面などがあれば必ず保存しておきます。相手がとぼけたとしても決して言い逃れできない証拠があれば、離婚後の慰謝料請求や裁判離婚を有利にすすめることに役立ちます。

慰謝料を請求できるのは離婚成立から3年以内

注意したいポイント
慰謝料請求は、離婚成立後から3年以内に行わないと、時効が成立し請求できなくなってしまいます。この3年以内というのは離婚成立後に慰謝料を請求できる期間として法律で定められているもので、この期間を過ぎると請求が無効になってしまう可能性が高くなってしまいます。

そのため、離婚後に慰謝料請求を行うのであれば、この時効期限を迎えるまでの間にしっかりと証拠を集め、裁判などを行うのであれば弁護士への依頼、裁判で勝つために必要な準備を進めていかれることが大切です。

急に離婚を切り出された場合は要注意

婚姻期間中に不倫をしていたことを示す証拠がある場合は、慰謝料を請求することができますが、離婚してしまっているので、離婚前に慰謝料を請求するよりは、どうしても額面が低くなってしまうのが現状です。

離婚後の慰謝料請求に必要な「結婚している最中に不倫をしていることを示す証拠」は、離婚してしまった後となると、相手のスマートフォン履歴やレシート、クレジットカード明細などを確認するのも難しく、用意するのは困難な場合が多いでしょう。

はっきりとした証拠がなければ、実際には不倫の事実があったとしても、「離婚後から付き合うようになった。」と言い逃れをされてしまう可能性があります。

そのため、離婚後に不倫が発覚したとしても、慰謝料を請求するのは現実的に難しいケースが多いと言えます。

このような理不尽な結果を招かないための予防策として、もし離婚をしたいと急に言い出されたら、すぐに了承せずに相手に不倫(浮気)相手がいるかどうかを確認するため、時間を置くことをおすすめします。

可能であれば、その間に探偵などを雇って調査を行い、不倫(浮気)の事実が発覚した場合には、しっかりとした証拠を確保し、それを使って慰謝料を請求しましょう。

関連ページ

「離婚後」に関するページ一覧はこちら
「不倫・離婚ドットコム」の最新のページ一覧はこちら

あなたの悩みに関連するページを検索

スポンサーリンク