スポンサーリンク

不倫で離婚した場合、しなかった場合の慰謝料について

知っておきたい離婚の手続き・基礎知識

近年離婚の原因として多くなっているのが、既婚者が配偶者以外の異性と関係をもってしまう「不倫」や「浮気」です。これは法律では「不貞行為」という言葉で表現されます。

不倫による離婚では、夫側が不倫して離婚することになるケースが非常に多く、妻に対して慰謝料を支払わなければならないこともあります。

不倫で離婚した場合、しなかった場合の慰謝料の相場は?

実は、慰謝料には明確な基準がありません。つまり、相場が決まっていないのです。しかし、多くの場合は500万円以下であると考えてよいでしょう。少ない場合は数十万円で済むこともあります。

慰謝料は相手に与えた精神的苦痛に対して支払われるケースが多く、その場合不倫によって配偶者がどれだけ傷ついたかを勘案して金額が決められます。

例えば、元々夫婦仲が悪く関係が冷え切っていた場合に比べて、表面上は家族生活が円滑に営まれていたり、夫婦仲がよいように見えていたりした場合は、金額は高くなることが多いようです。これは、配偶者の不倫によってそれまでの日常生活が一気に崩れ、どん底に突き落とされたと解釈されてしまうからです。

不貞行為が認められた場合の慰謝料の相場については、離婚せず夫婦関係を継続する場合は20万~100万円程度、離婚となった場合は100万~400万円程度が支払われることが多く、大きな負担となってしまうこともあります。

不貞行為として慰謝料を請求できる条件とは

知っておきたい基礎知識

不貞行為をされた側の配偶者は、離婚するときに財産分与とは別に慰謝料を相手に請求することができますが、この「慰謝料を請求できる不貞行為」には条件があり、場合によっては慰謝料が発生しないケースもありますので、請求できる条件に当てはまっているかどうかを確認しておく必要があります。

ポイント
法律では、離婚時に相手に不倫による慰謝料を請求する場合は「肉体関係があること」が不貞行為として認められる1つの条件となっています。そのため、2人だけで食事をするだけというようなプラトニックな関係であれば、不貞行為とみなされず慰謝料を請求できないケースもあります。

肉体関係があった事実を証明できる確実な証拠があれば、配偶者だけでなく不倫相手にも精神的苦痛を受けた分のお金を請求することができますが、不倫相手も既婚者であった場合には、相手の配偶者からも同様に慰謝料を請求される可能性があります。

不貞行為として慰謝料を請求できないケースについて

逆に、「不倫する前に夫婦関係が破綻している」場合は、慰謝料請求は認められないことになっています。具体的には、すでに別居していて離婚の話し合いをしているときに、どちらかがほかの異性と付き合っているようなケースです。

このようなケースで、調停や裁判で「夫婦関係の破綻」が認められた場合については、離婚成立前の婚外恋愛についても不貞行為とはみなされず、慰謝料請求の対象とはならないようです。

不倫による慰謝料に対して双方に不満が出なければ、離婚はスムーズに成立まで進むことが多いですが、双方が納得できない場合は裁判で離婚成立を目指すことになります。

離婚条件についても、慰謝料の金額についても、協議離婚で話し合いがつかず「調停」「裁判」と進めばその分費用がかさみます。できるだけ費用を抑えて離婚するためには、譲歩の心を持って話し合いを行い、お互いが納得できる妥協点を早く見つけることが両者にとって得策であると言えるでしょう。

関連ページ

「不倫の慰謝料」に関するページ一覧はこちら
「不倫・離婚ドットコム」の最新のページ一覧はこちら

あなたの悩みに関連するページを検索

スポンサーリンク