スポンサーリンク

離婚届の提出先と提出時に注意したいポイント

知っておきたい離婚の手続き・基礎知識

結婚して一緒に生活をしている夫婦でも何らかの事情によって離婚を余儀なくされてしまうことがあり、そのときに婚姻関係を終了するために離婚届を提出します。これを提出することによって晴れて夫婦ではなくなるのですが、離婚届はどこに提出するのでしょうか。

一般的な知識として市(区)役所に届けるというのは誰でも知っていることなのですが、「どこの役所でもいいのか?」「本籍地でしか受け付けてもらえないのか?」など疑問に思われる方も多いようです。

離婚届はどこに提出すればいいの?

知っておきたい基礎知識

離婚届は基本的にどこの市役所や区役所でももらうことができるほか、提出先としてもどこの市役所や区役所を利用しても問題ありません。

というのも、そもそも離婚届の注意事項や案内ページには「届出人の本籍地又は所在地の市役所、区役所又は町村役場」と明記されているため、本籍地での受付はもちろん現在住んでいるところでも受け付けてもらうことができます。

また、所在地というのは現住所でなくても問題がないとされており、出張先や旅行先などまったく関係ないところでも提出先として利用することが可能です。つまり、離婚届にしっかり記入さえしておけば、提出先はどこであっても離婚することができるというわけです。

提出時に注意したいポイント

双方が離婚に合意すればいよいよ離婚届を提出するわけですが、よほど円満な関係で別れるのではない限り、何度も書き直したりするのは避けたいという方がほとんどなのではないでしょうか。

注意したいポイント
離婚届の提出は、本籍地以外で提出する場合には戸籍謄本が必要となりますので、基本的には自分が住んでいる所在地もしくは本籍地で提出するのが良いでしょう。

可能であれば、提出時には妻と夫両方の印鑑を持っていくことをおすすめします。書き間違いなどがあった場合に修正液で消して書き直すことはできませんので、間違えた箇所を線で消し、訂正印を押した上で書き直さなければいけない場合などに役立ちます。

またすでに別居をしていて、郵送で相手方に記入済みの離婚届を送る場合には念のために離婚届の捨印の場所に押印しておくのが無難です。捨印を押してあることによって、誤字や単純な記載ミスであれば受け取った役所側で対応してもらうことができるからです。

ただこの方法でどうにもならない場合もありますので、その時は相手にもう一度書き直してもらうしかありません。提出は24時間365日可能ですが、受理されるのは夜間提出であれば翌日の役所があいている時間内ということになります。

週末であれば翌週の月曜日になりますので、離婚届の提出を代理人が行う場合には、夫婦両方の捨印を押しておくと安心です。離婚届が無事に受理されれば、数日後には現住所に受理通知の葉書が届き、離婚が成立したことを確認することができます。

離婚届提出についてのまとめ

協議離婚の場合

  • だれが : 夫婦2人で提出
  • いつ : 随時提出可能
  • どこに : 本籍地または住所地の市区町村役所など
  • 必要書類 : 本籍地以外の役所に提出する場合は、戸籍謄本または戸籍抄本

裁判離婚の場合

  • だれが : 調停の申立人が提出
  • いつ : 調停が確定してから10日以内に提出
  • どこに : 本籍地または住所地の市区町村役所など
  • 必要書類 : 調停証書・審判書・判決書などの謄本、確定証明書など

関連ページ

「離婚届」に関するページ一覧はこちら
「不倫・離婚ドットコム」の最新のページ一覧はこちら

あなたの悩みに関連するページを検索

スポンサーリンク