スポンサーリンク

無断で離婚届を出されないために、知っておきたい不受理申出書

知っておきたい離婚の手続き・基礎知識

離婚届における不受理申出とは、夫婦のどちらか一方が勝手に離婚届を提出したとしても、「離婚届を不受理にする」ための手続きのことです。離婚届の不受理申出書をきちんと提出しておくことによって、知らないうちに離婚届が提出されてしまったような場合でも、それは合意のないものだとわかり、役所側で離婚届が受理されるというようなことはなくなります。

不受理申出書は役所の戸籍課に常備されています(無料です)ので、これに記載をし、署名、押印をして、窓口で本人確認を済ませれば、手続きは完了します。

必要なものは本人確認できるものと印鑑(認印可)です。不受理申出の書類に記入することは名前と住所、本籍です。本籍の住所は前もって確認しておきましょう。

提出する役所は、原則的には本籍地の市区町村となっていますが、それ以外の役所でも受け付けてもらうことができます。その場合には、申出書は2通必要となりますが、本籍地以外の市区町村に提出しても提出後に本籍のある市町村へ送付されますので問題ありません。

このように、あらかじめ本籍地または住所地の役所に不受理申出書を提出しておけば、万が一無断で離婚届を提出されても、それが受理される恐れはなくなります。

合意のない離婚届が受理されてしまうことも…

離婚が成立するために最低限必要なことは、2つだけです。夫婦双方の離婚意思と、婚姻届の提出です。どのような理由があるのせよ、離婚届は夫婦双方の合意があって初めて役所に提出・受理されるものです。

ただ、実際に離婚届を役所に提出する時に、離婚意思を確認されることはありません。そもそも本人自らが提出する必要がありませんし、郵送での提出すら可能となっています。確認されるのは、書類に不備がないかという点のみで、形式が整っていれば離婚届は受理されます。

何らかの事情で今すぐに離婚をするわけにはいかない、離婚したくないから離婚届を出させたくないという場合もあるでしょうが、現実には書類に不備さえなければそのまま受理されてしまうこともあるのです。

しかしそれでは、離婚する意思はないまでも別居をしている場合や、離婚に向けて条件を話し合っている最中などに、相手が勝手に離婚届を提出してしまい、離婚が成立してしまうという事態が起こりかねません。

そこで、そのような事態を防ぐために、離婚届の不受理申出という制度があります。これは夫婦一方の意思に反して離婚届が出された場合に、これが受理されることを事前に防ぐものです。

離婚届の偽造トラブル

離婚時のトラブルの一つとして、財産分与や養育費などの話し合いがついていないにもかかわらず、離婚届けを勝手に偽造されて提出されるケースがあります。また浮気調査中などの場合は勝手に届けを出されることによって不利に働いてしまう場合もありますので特に注意が必要です。

離婚届けの捺印は、印鑑証明などは必要なく三文判でも可能です。夫婦が揃って役所に出向く必要もありません。そのため、偽造がしやすいこともあり、離婚を早くしたい相手が配偶者の同意を得ずに勝手に相手の署名や捺印をして、強引に提出することがあります。

夫や妻のどちらかが勝手に離婚届を作成して提出し、片方が知らないうちに離婚が成立していた…もしもそのようなことになってしまった場合には、それに対していくら離婚する気はなかったと訴えても遅く、離婚を取り消すためには調停や裁判などさまざまな手続きが必要となってしまいます。

離婚届の偽装は犯罪ですが、犯罪であっても作成した書類が役所で受理されてしまうと離婚の効力が発揮されてしまうのです。離婚届の不受理申出は、そのようなトラブルを予防するために最も効果的な対策と言えます。

不受理申請のメリットとしては、勝手に届けを提出されることによって負ってしまうデメリットを回避することができるというところです。離婚は簡単にできますが、一旦成立してしまった離婚を取り消すのは簡単ではありませんので、もし同意なく離婚届を出される恐れがある場合には、早目に手続きを取って対策をしておけば、安心といえるでしょう。

不受理申出の有効期間と注意点

不受理申出は、手続きは簡単で、不受理申出の有効期間はなく、申出の取り下げもいつでもでき、取り下げるまではずっと有効となっています。話し合いをした結果、離婚が決定、離婚届を提出する場合には、不受理申出を提出した本人が離婚届を提出することで受理され、離婚が成立します。

注意したいポイント
ただし、これは相手方を特定している場合です。もし相手方を特定せずに申出を行っていた場合には、後々再婚をした時などにその不受理申出が有効なまま継続されていることがありますので、必要なくなった場合にはすみやかに取り下げておく方がよいでしょう。

関連ページ

「離婚届」に関するページ一覧はこちら
「不倫・離婚ドットコム」の最新のページ一覧はこちら

あなたの悩みに関連するページを検索

スポンサーリンク