スポンサーリンク

不倫調査のために探偵を雇いました

不倫の悩み体験談

このたび、探偵に夫の不倫についての調査を依頼。夫との話し合いで問題を解決することができればよいのでしょうが、体裁を気にする夫のことですから、交渉決裂することが目に見えています。それで慰謝料の裁判を見据えて証拠集めを始めました。

LINE、メールの控えや着信履歴は押さえており、弁護士に相談してみたのですがやはり文章、とくに日取りや場所の打ち合わせをしている文面だけでは実際に肉体関係に臨んでいない可能性もあり、証拠としての機能は弱いと言われてしまいました。

しかし、メールの内容と夫の行動を見比べると、不倫相手を誘っている日は必ず私に『仕事で遅くなるから寝てて』と言っており、この日に女性と会っていることは間違いありません。

探偵による不倫調査の費用は会社により見積もり方法が異なりますが、基本的には人件費です。私の場合はこのように、夫が不倫相手に会う日がわかる状況でしたので、決まった日に尾行すれば良いことがわかっていれば人件費は最低限で済みます。

私は浮気調査を得意とする探偵事務所と数社面談し、一番見積もりが納得できたところと契約しました。裁判資料としての写真を希望したため、不倫調査費のほかに報告書作成費がかかりましたが、それでも3日間の調査でで35万円ほどの見積もりになりました。

朝、『仕事で遅くなるから』と言われたら探偵事務所に連絡し、そんな日を3日分調査してもらったところ、うち2日間はクロ、見事に証拠写真を獲得できました。

離婚裁判を考えていましたが、浮気の写真を夫に直接見せたところ、夫があっさり折れて浮気を認め、話し合いの結果最終的に慰謝料を払ってもらい夫婦関係を再構築することになりました。

不倫調査の料金は調査の時間で計算する

不倫調査を探偵などの専門家に依頼するときには、前もって調査に必要な料金を正確に計算しておくことが重要です。

基本的に、不倫調査にかかる料金はその不倫調査に関して必要になる時間に比例して支払い額が決まってきます。調査に関して長い時間がかかるような場合には、どうしてもその分調査費用が高額になってしまいます。

一般的な基準で言えば、約3時間あたりの調査で料金は3万円程度というところが多いようです。半日の調査が必要になる場合にはその10倍近くの費用が必要になることもありますが、早く調査を終わらせることができれば、もちろんその分費用を安く抑えることができます。

では、実際に不倫調査を短時間で行ってもらうようにするためにはどのくらいの情報を探偵に対して提供しておく必要があるのでしょうか。

ポイント
不倫調査に関しては、まず調査の対象となる人物の顔や名前が必要になります。そして、どこの住んでいるのか、どの会社に所属しているのかもわかっていればそれを探偵事務所に伝えておくことが重要です。

合わせて、一日の行動パターンがわかっているのであればそれに合わせて行動することが可能になりますので、そうした情報を総合的に渡しておけば不倫調査に有効です。

不倫調査で必要になる機材に関しては、料金の中から探偵が用意してくれますので何も心配する必要はありません。

不倫裁判で争うためには、相手が不倫をしているという確かな物的証拠がないと証拠能力に欠けてしまいますので、できるだけ費用を抑えてそうした証拠を手に入れてもらえるように、自分でもできるだけの情報提供は行いましょう。

関連ページ

「不倫調査」に関するページ一覧はこちら
「不倫・離婚ドットコム」の最新のページ一覧はこちら

あなたの悩みに関連するページを検索

スポンサーリンク