スポンサーリンク

離婚届の保証人が見つからないなら

知っておきたい基礎知識

結婚届を出すときと同様に、離婚届を出す場合にも保証人が必要になります。

夫婦のうち片方が離婚を希望していないにも関わらず、夫か妻のどちらかの独断で離婚届を出してしまわないように、保証人の署名・捺印(協議離婚の場合)が必要になってくるのです。(「調停離婚」や「裁判離婚」の場合の離婚届には、証人や相手の署名・捺印は必要ありません。)

では離婚届の保証人は誰にお願いすべきなのかというと、成人している方、その夫婦に関する離婚の事実を知っている方の2点にさえ当てはまれば、基本的には誰にお願いしてもよいということになっています。

一般的には、親や兄弟姉妹、友人などにお願いされるケースが多いようですが、どうしても離婚届の保証人を見つけられないといった場合、どうすればよいのでしょうか。

身近な人に頼めそうにないなら…

悩み解決のヒントを探しましょう。

協議離婚が長引き、弁護士や司法書士に間に入ってもらっているといった方の中には、保証人の条件に当てはまっているという理由から弁護士や司法書士に保証人になってもらうという方が多くいらっしゃいます。

これは決して珍しいことではありませんので、もしも離婚届の保証人を頼める人が周囲にいないという場合には、弁護士や司法書士に署名をお願いして保証を請け負ってもらうというのも1つの方法です

離婚届けの保証人はプライベートでかかわりのない完全な第三者にもお願いできるものと覚えておくと、保証人を見つけられないというような場合でも安心です。

なお離婚届に署名や捺印をしたからといって、何か法的な不具合を受けるということはまずありません。例えば偽装離婚の署名欄に勝手に名前を使われてしまったからといって、実際に離婚したわけではない保証人が責められてしまうようなことはありませんので、その点については心配する必要はないでしょう。

関連ページ

「離婚届」に関するページ一覧はこちら
「不倫・離婚ドットコム」の最新のページ一覧はこちら

あなたの悩みに関連するページを検索

スポンサーリンク