スポンサーリンク

不倫がばれにくい相手とは?

秘密の不倫

「不倫に興味がある」という人は、実は意外と多いようです。そしてその多くは、結婚生活のマンネリ化により、刺激を求めて不倫をしてみたいという欲望が生まれてしまうのが大きな要因です。

しかし、実際に不倫をして、それがばれてしまった場合には大事になってしまいます。夫(妻)と離婚することになるかもしれませんし、慰謝料を請求されるなど、大きな犠牲を払うことになる可能性が高いと考えられます。

事実、それが抑止力となり不倫することを思いとどまっているという人が大多数ですが、もしも不倫がばれない方法があるとしたら…?不倫をしても何の問題も起こらないということであれば、その道に足を踏み入れてしまうかもしれないと思う方も多くいらしゃるのではないでしょうか?

不倫していることが周囲にばれてしまった場合にはお互いの夫婦関係だけでなく、当人同士の関係にももちろんひびが入ります。それまでの生活が一気に崩れ落ち、夫婦生活、不倫関係の両方で今までと同じというわけにはいかなくなるでしょう。

ですから、不倫をする場合には、絶対にばれてはいけないのです。不倫の秘密を守ることは、自分の身を守ると同時に、それまでの生活や相手を守ることにもなります。

実は、不倫がばれないようにするためには、相手選びがとても重要です。完璧にばれないとは言い切れませんが、できれば同じ境遇の相手を選ぶのがベストです。

この同じ境遇というのは、関係がばれてしまっては困るという人です。ばれてしまっては困るので、お互いがその関係を秘密にするわけです。家庭を持っている、またはボーイフレンド、もしくはガールフレンドがいる人であれば、自分の生活を守るために軽率な行動をとる可能性は低いのです。

また、その逆に不倫がばれやすいのは同じ職場やご近所さんを相手に選んでしまった場合です。もともと接点がある場合には、どこからともなく噂が広まり、不倫がばれる確率は格段に高くなります

不倫がばれない方法として有効なのは、生活する上で接点がなく、関係を秘密にしやすい相手を選ぶこと、それが密かな婚外恋愛を続ける秘訣と言えそうです。

不倫がばれた時の覚悟はしておくべき

いくら上手に隠しているつもりでも、不倫が絶対にばれないという保証はありません。

不倫がばれてしまったら…失うものは想像以上に大きいことが多くあります。家庭、不倫相手との関係、友人や社会的地位など、それまで積み上げてきたもの、信頼関係がすべて崩れてしまう可能性があるのが不倫の怖さです。

また慰謝料を請求されるなど、金銭的なリスクもかなり大きいということも覚えておきましょう。不倫相手を妊娠させてしまった場合などは、さらに問題は複雑になります。不倫をするなら、そのようなリスクを理解した上で、トラブルが起こった際にはどうするのか、最悪のケースについて考えておかれることをおすすめします。

一時の刺激がほしくてやめられない、今の家庭を壊す気はない、不倫はあくまで生活の中の1つのスパイスと不倫を遊びと考えている人であっても、もしも不倫がばれてしまった場合には、それなりの責任を負う覚悟を持っておくべきでしょう。

関連ページ

「不倫エトセトラ」のページ一覧はこちら
「不倫・離婚ドットコム」の最新のページ一覧はこちら

あなたの悩みに関連するページを検索

スポンサーリンク