スポンサーリンク

離婚調停に要する期間の目安

知っておきたい離婚の手続き・基礎知識

離婚調停とは、当事者同士による直接的な話し合いでは離婚がまとまらない場合に、家庭裁判所へ申し立てをすることによって、調停委員と呼ばれる人たちが仲立ちとして間に入り、話し合いを進める仕組みのことをいいます。

実際に離婚調停がはじまった場合、どの程度の期間で終了するかについてはケースによって異なります。ここではその理由と一般的な離婚調停申し立てから終了までの期間の目安についてご紹介します。

離婚問題がこじれてしまっている当事者、裁判官、調停委員といったさまざまな人々が一堂に集まる機会をつくらなければなりませんが、家庭裁判所はいくつもの支部をもっていますので、管轄地域によっては、裁判官がそもそも常駐していないということもあります。そういった場合、日程調整だけでもスムーズにいかないこともよくあります。

また、離婚調停での話し合いの争点として、どのような解決が求められているのかによっても期間に差が出てくるでしょう。離婚そのものの妥当性、子どもの親権問題や面会交流、財産分与などについての話し合い、当事者の双方が条件面で妥協することができれば早期に調停が成立することもあります。

ですがそもそも離婚問題でトラブルがあるからこそ離婚調停を利用しているわけですので、なかなか双方が折り合わないことが多く、その場合にはそれだけ期間も長期化してしまうと覚悟しなければなりません。

以上のようなことを踏まえての期間の目安ですが、通常は毎月調停が開かれるとして、3回程度での成立ということが多く、司法統計年報などの資料によっても、申し立てをしてから1か月以上半年以内というのが目安となっています。

調停を長期化させないためのポイント

管理人の体験談

私(管理人)の場合、弁護士さんに手続きなどを全てお願いしていましたので、調停開始前には、上記に記載した通り3か月~5か月ほどで調停を終えられると思っていたのですが、実際にはまったくそのようには進みませんでした。

まず、毎回、次回調停期日を決めるにあたり、私自身はどの日でも都合を合わせることができましたが、調停委員さん、弁護士の先生、相手側(夫)の都合がなかなかうまく合わずに、毎回2か月ほど期間が空いてしまいました。

また、話し合いについての相手側の態度、対応も期間を長引かせた一因ではないかと感じています。お互いの意見がまったく逆方向なら、早期に調停不成立となるのでしょうが、条件について折り合いはつかないものの毎回少しずつ譲歩するという感じでしたので、もう少し、もう少しと話し合いを重ねる結果になったのではないかと思います。

あとは、私と弁護士さんとの意思疎通がうまくできておらず、必要書類の提出や話し合いで決まった事項について、予定通りに提出や実行ができなかったことで、その事項については次回調停に持ち越しとなってしまったことなどがありました。

ポイント
私は、上記のような経験から、調停はなかなか思ったようには進まないもの、せめて自分側の提出が必要な書類などについてはしっかりと準備すること。弁護士さんに代理で手続きや書類作成をお願いしている場合には、それを弁護士さんに任せっきりにしてしまうのではなく、疑問点はすぐに問い合わせるなどして、必ず自分も内容や処理について把握しておくことが大切だと感じました。

離婚するのは自分自身です。調停を長期化させないためにも、自分でしっかり舵を切り、離婚を進めていくという自覚を持って調停を進めていきましょう。

関連ページ

「離婚調停」に関するページ一覧はこちら
「不倫・離婚ドットコム」の最新のページ一覧はこちら

あなたの悩みに関連するページを検索

スポンサーリンク