スポンサーリンク

不倫相手に対して慰謝料請求をしたい!認められる?

知っておきたい基礎知識

不倫の定義は人によってさまざまだと思いますが、法律的には「配偶者以外の異性と性交渉を行った」ということが不法行為としての不倫が成立するための条件であり、キスやデートだけでは不法行為とはなりません。不法行為が認められれば、不倫相手と配偶者に対して慰謝料請求ができます

不倫相手や配偶者が素直に不倫の事実、つまりは性交渉の事実を認めればよいですが、認めないケースもたくさんあります。その際には、不倫の証拠が必要になります。キスやデートの写真だけでは不十分ですが、キスやデートから不倫が推測できることもありますので、こういった写真やメールなども証拠品として集めておきましょう。

二人でラブホテルへ入っていく写真や肉体関係を前提とする会話の録音やメールのやりとりなどは不倫の証拠となります。これらの証拠を自分で集めるのは困難なため、探偵事務所や興信所に依頼をすることも検討します。

慰謝料請求の相手は不倫相手と配偶者の2人です。配偶者には請求せず、不倫相手にだけ慰謝料請求をする場合は、実質的な減額となります。不法行為が成立するためには相手方に故意または過失があることが必要です。つまりは、相手方が「結婚しているのを知っていて、不倫だとわかった上で性交渉を行った」という事実が必要になります。

また慰謝料の相場は、暴力や不貞行為などの有責行為が明確であり、離婚する場合は100万円~500万円程度(相手の収入や不法行為の程度によって変化します)、離婚しない場合は50万円~100万円程度となっているようです。
不倫が原因の離婚、相手に請求できる慰謝料の相場は?

慰謝料請求の注意点

慰謝料の請求は離婚後でもできますが、時効があるので注意が必要です。慰謝料を請求できるのは、離婚成立から3年以内です。

各種離婚方法による離婚成立日の定義

  • 協議離婚の場合…離婚届けが受理された日
  • 調停離婚の場合…調停が成立した日
  • 審判離婚の場合…審判が確定した日
  • 裁判離婚…判決が確定した日

注意したいポイント
離婚の際に一度慰謝料請求権を放棄し、いっさい金銭や財産を請求しないと約束(離婚協議書や調停証書などを作成)していた場合は、後から慰謝料を請求することは難しくなりますので、こちらも慎重に、よく考えて取り決めを行うことが大切です。

関連ページ

「不倫相手」に関するページ一覧はこちら
「不倫・離婚ドットコム」の最新のページ一覧はこちら

あなたの悩みに関連するページを検索

スポンサーリンク