スポンサーリンク

熟年離婚の財産分与…納得のいく額の支払いを受けるために

熟年離婚

最近多くなってきている熟年離婚ですが、一番の問題は何と言っても財産分与についてです。

実際には、夫から妻に支払われる場合がほとんどの財産分与。最近では女性の社会進出が進み、男性と同じように仕事をこなしている女性も増えてきていますが、以前は結婚や出産を機に仕事を退職される女性は多く、専業主婦の割合も高いものでした。

専業主婦の女性が熟年離婚により財産分与を行うこととなった場合、一般的には、土地や住居、車などは夫名義になっていることが多いため、妻側はそのうちどれだけの財産を受け取ることができるのか不安に思われる方も多いと思います。

ですがこれについては、例え専業主婦で目に見える収入がない場合でも、陰ながら夫の仕事を支え、家事や育児に努めてきた功績はきちんと認められます。

財産分与は結婚年数にもよりますが、結婚生活が長ければ長いほど、分与額は多くなります。結婚後に二人で築き上げてきた共有財産は分与の対象として認められるので、妻の分もきちんと支払ってもらうことができます。

気になる金額については、妻の貢献度や二人の間にどれだけの資産が残されているかによっても違いますので一概にどのくらいの割合と言うことはできませんが、専業主婦であっても2分の1以上の分与が認められるケースもあります。(財産を分けるときには裁判所の判断でおよそ2分の1と決められているので、それを基準に資産を分けあうことになります。)

相手の資産、夫婦の共有財産を把握しておく

離婚の話を切り出す前に必ずしておきたいことは、事前に相手の資産を含めた夫婦の共有財産について調べておくことです。離婚話の段階で話がこじれてしまい、相手との話し合いができなくなってしまうなどすると、相手に財産の開示を求めても応じてもらえなくなることも考えられます。

ポイント
そのような事態を避け、納得のいく額の支払いを受けるためには、夫の資産状況についてあらかじめ情報収集しておくことが、離婚に伴うお金の問題をスムーズに解決するポイントとなるのです。

熟年離婚となれば夫婦の共有財産はそれだけ多くなりますから、その分面倒に感じるかもしれませんが、離婚後の生活を安定させるため、またそれまでの夫婦生活を振り返り、その後の生活について考えるきっかけにもなりますので、「離婚を切り出すXデー」までにしっかりと準備を進めていきましょう。

関連ページ

「熟年離婚」に関するページ一覧はこちら
「不倫・離婚ドットコム」の最新のページ一覧はこちら

あなたの悩みに関連するページを検索

スポンサーリンク