スポンサーリンク

不倫の慰謝料請求について

不倫の悩みをお持ちですか?

自分の夫、あるいは妻が不倫をしているという事がわかった時には、どんなことを思うものでしょうか。おそらく多くの方は、まず最初に憤りを感じるのではないかと思います。

その憤りは何に対して感じているものかといえば、その多くは不倫をしている自分の夫や妻に対するもの、そして不倫の相手に対するものでしょう。

夫や妻の不倫を知った時、単純に「不倫相手と別れてくれればそれだけでいいという風には、なかなか思えるものではありません。不倫という形で裏切りを受けたことに対して、例え夫や妻がすぐに不倫相手と別れたとしても、その憤りというのは簡単に収まるものではないでしょう。

不倫相手への慰謝料の金額はどうやって決まるの?

不倫という形での夫や妻の裏切りをどうしても許せない場合には、最終的に離婚という形を選ぶことになります。ですが心の底では夫や妻を愛している、別れることはしたくない、という場合には、夫や妻、不倫相手に対して、謝罪や反省、慰謝料を支払ってもらうなど、何かしらの形でけじめをつけてもらうことで、自分の気持ちを収めようと考える方も多いのではないでしょうか。

では、不倫相手の事が許せず慰謝料を請求した場合には、どのくらいの慰謝料を勝ち取ることができるでしょうか。相手が結婚していて子どものいるとわかっていながら不倫をしていたというケースなどは悪質度は高いですが、慰謝料の額についてはそれぞれの状況に応じて金額が変わりますので、みんなが同じ金額をもらえるというわけではありません。
不倫が原因の離婚、相手に請求できる慰謝料の相場は?

ポイント
裁判では、慰謝料の金額は「不倫の悪質性」「婚姻期間」「相手の収入」などによって判断されます。一般的な金額としては、100万円から500万円くらいの間と考えておくといいでしょう。慰謝料についての話し合いでは、ある意味駆け引き的な部分もあります。

裁判などを長引かせず、早期に慰謝料を得るためには、相手にとって支払い可能なギリギリの金額を提示するという方法をとる方がよい場合もあるのです。

裁判を起こして慰謝料の請求をしたとしても、必ず思うような慰謝料がもらえるわけではありませんが、精神的に大きな苦痛を受けたことに対して、慰謝料の支払いという方法で気持ちの整理がつき、夫や妻の不倫を許すことができるのであれば、相手からしっかりと誠意を示してもらうために裁判を申し立てるのもひとつの解決方法と言えるでしょう。

慰謝料請求の対象とならないケースについて

知っておきたい基礎知識

不倫相手への慰謝料は必ず請求できるものではないので注意が必要です。請求の対象にならないのは、相手が夫や妻のことを独身だと思って関係を持っていた場合や、離婚間近であると伝えられていた場合などです。

相手が既婚者だと知らなかったり、離婚寸前であると思い込んでいた場合には、不倫相手には不法性が認められないとして、慰謝料を請求することができません。

不倫相手に慰謝料を請求するためには必ず不倫の事実が証明できるだけの正当な証拠が必要となりますので、不倫の疑いがある場合には、事前にできるだけの証拠集めを行いましょう。

関連ページ

「不倫の慰謝料」に関するページ一覧はこちら
「不倫・離婚ドットコム」の最新のページ一覧はこちら

あなたの悩みに関連するページを検索

スポンサーリンク