スポンサーリンク

子どもの養育費をしっかり受け取るためには?

離婚と子ども

養育費は、子どもが自立するまでに必要なお金として、子どもの進路に合わせて、高校卒業まで、成人するまで、大学卒業までなど、期間を決めて、離婚後に離れて暮らす親から子どもに支払われるものです。

養育費はどうやって決める?

金額は双方の収入に応じて、相談によって決められることが多いでしょうが、なかなか折り合いがつかない場合は、裁判所でも使われている養育費のガイドライン(夫と妻の収入から割り出される理想とされる養育費の金額)を目安にして話し合いを進めるのも良いでしょう。

それでも、どうしても夫婦間の話し合いだけでは養育費の金額が決まらないという場合は、調停での話し合いや審判などにより取り決めることとなります。

養育費をきちんと支払ってもらうためのポイント

悩み解決のヒントを探しましょう。

ですが、そのようにして取り決めた養育費をきちんと払ってくれたのは最初の数か月だけ、それから徐々に滞り、とうとうまったく養育費を支払わなくなったというような話も多く、トラブルの多い問題でもあります。

早く離婚したいばかりに、養育費の取決めを行わずに離婚してしまった場合や、相手に経済力がないために現実問題として養育費を支払ってもらうことが不可能な場合もあるというのが現実です。

養育費は、転職や失業などによる収入の増減や、子どもの成長や進路などに応じて、減額したり増額したりと条件の変更が可能ですので、協議や審判により、その時の状況に合わせて金額の変更や取り消しを求める、または離婚の際にそこまで話し合っておかれることをお勧めします。

養育費は子どもを育てるために必要なお金ですから、曖昧な結果となってしまわないよう、しっかりと条件を提示し話し合いを進めること、また強制執行が可能な公正証書の作成しておくことが大切です。

関連ページ

「離婚 養育費」に関するページ一覧はこちら
「不倫・離婚ドットコム」の最新のページ一覧はこちら

あなたの悩みに関連するページを検索

スポンサーリンク