スポンサーリンク

離婚調停に適切な服装と話し合いで気をつけたいポイント

管理人の体験談

離婚調停を申し立て、実際にその最初の離婚調停日が近づいたとき、ふと気になったのが、どんな服装が適切なのか?ということです。

そこで第一回目の離婚調停の前に、事前に弁護士の先生に「どのような服装で行けばいいですか?」と尋ねたところ、とくに決まりがあるわけではありませんが、派手な服装ではなく、この人なら信頼できそうだという印象を与える地味で清潔感のある控えめな服装が望ましいですというアドバイスをいただきました。

服装と同じく、女性の場合はメイクなども控えめにされることが望ましいとのことです。第一印象は3秒で決まる、人は見た目が9割などとよく言われますが、人は第一印象で、ある程度相手のことを判断するのは事実でしょう。もちろん、調停は話し合いですから、話す内容や口調などもとても大切です。ですが、最初から悪い印象を与えてしまうのは、得策ではありません。

離婚調停を少しでも有利に進めたいと考えるなら、やはり第一印象で好印象を与え、今まさに悩みの渦中にいるということ、そしてその悩みを真剣に聞いていただけるような、清潔感のあるきっちりとした服装で調停に望まれることをおすすめします。

調停での話し合いで気を付けたいポイントは

上記にあげた服装のポイントの他に、もちろん大切なのは調停中の態度です。

ポイント① 自分の意見を冷静にはっきりと伝える(私は事前に、話したいことを用紙にまとめて持参しました)
ポイント② 調停委員の話にしっかりと耳を傾ける
ポイント③ 聞かれたことにちゃんと答えないなど、非協力的な態度は控える
ポイント④ 落ち着いて返答すること。結論を焦ったり、感情的にならない

など、事前にできる準備はしっかりと行い、当日は落ち着いて話をすることが、調停をスムーズに進めることに役立ちます。

離婚の話し合いでは、つい感情が出てしまうこともあるでしょうが、常に調停を進める目的を忘れずに、冷静に話し合いを進めましょう。

関連ページ

「離婚調停」に関するページ一覧はこちら
「不倫・離婚ドットコム」の最新のページ一覧はこちら

あなたの悩みに関連するページを検索

スポンサーリンク