スポンサーリンク

子どもと共に別居先での生活をスタート

管理人の体験談

ここでは、私が実際に家を出た日の行動や別居後の生活をスムーズに進めるために行ったことなどをお話します。

私が実際に夫への手紙を置いて家を出た日、ギリギリまで荷造りできない物があったため、別居当日の朝、夫を送り出してすぐからの荷造りと引っ越し、別居先への荷物の搬入など、1日がかりでの引っ越し作業に大変疲労しました。

引っ越し当日に立ち合いでガスも開栓、ブレーカーを上げて2DKの内、一部屋のみに家から外してきた照明器具を取り付け、当日の夜は足の踏み場もないほどの荷物の中で、とにかく寝る場所だけは確保し、子どもと共に別居先での生活をスタートしました。

そして翌日以降は、事前に注文手配していた家電製品の受取りや設置、また少しずつ荷物を整理しながら、部屋の収納や荷物の量に合わせた家具の注文、日用品の買い物などを行いました。

食事については、最初の約一週間は、コンビニや宅配弁当などを主に利用して食事を摂っていましたが、荷物の片付けや日常に必要な物が揃いだすと同時に、少しずつ簡単な料理から作り始めました。

私の場合は、別居時に炊飯器と電磁調理器1台を持参していたので、引っ越し後冷蔵庫、電子レンジが到着した時点で生ものなどの食材も買い置きできるようになり、それからはほぼ通常通りの日常生活が送れるようになりました。

実際に別居後の生活を経験して思ったことは、初めは別居に対して大きな不安がありましたが、実際には、思ったよりも早く通常の生活に戻ることができ、夫と別居したことによる精神的な安定を得られたこともあり、やはり思い切って行動を起こしてよかったということです。

子どもを連れて家を出る、別居することを非常に不安に思われる女性は多いと思いますが、しっかりと事前準備を進めていれば、本当に困るようなことはほぼないと言えますし、行動することで得られるメリットも大きいと言えるのではと思います。

関連ページ

「管理人の別居体験談」のページ一覧はこちら
「管理人の離婚体験談」のページ一覧はこちら
「不倫・離婚ドットコム」の最新のページ一覧はこちら

あなたの悩みに関連するページを検索

スポンサーリンク