スポンサーリンク

別居中の生活費「婚姻費用」を請求する

知っておきたい離婚の手続き・基礎知識

別居中の生活費については、別居後それぞれの生活レベルが大きく違ってしまうことのないように、収入の少ない当事者から収入の多い相手方に対して、生活費を請求することができます。

調停が成立すれば別居後から離婚までの間、調停で決定した額の生活費を受け取ることができ、生活の困窮を防ぐことに役立ちます。この別居中の生活費を請求する調停のことを「婚姻費用分担請求調停」といいます。

管理人の体験談

通常は婚姻費用分担請求だけでなく、同時に離婚調停を行うことが多いようですが、私の場合はできるだけ費用を抑えながら離婚を進めるために、離婚については弁護士さんに代理で協議離婚を進めていただくようにお願いし、同時に婚姻費用分担請求の調停も申し立てていただきました。

具体的には、私の場合は別居当時の収入はパートで得る約万6万円程度でしたので、別居と同時にこの「婚姻費用分担請求調停」申立て、夫が支払いに応じるまでは貯金でつなぐという生活をしていました。

また、夫は私の離婚の申し出にまったく応じる気がありませんでしたので、兵糧攻めという形で離婚を思いとどまらせようと思っていたかもしれませんが、婚姻費用の分担請求はそのような場合にも非常に有効です。

また調停を経て実際夫に婚姻費用の支払い義務が生じると、それが夫の重荷となり(別居中に支払う婚姻費用の方が、離婚後に支払う養育費よりも高くなることが多いため)離婚の話が進みやすくなるということも考えられます。

家庭裁判所への申し立ては当事者が自分で行えますが、裁判所からの調停呼び出し通知が届けられるまでの期間は、時期や調停の込み具合などによってかなり差が出るらしく、私の場合、結局予定していたよりも半月ほど遅れて第一回目の調停を行うこととなりました。

離婚を前提に別居される場合、別居後に少しでも早く安定した生活送れるよう、別居前からお住まいの地域で指定された家庭裁判所へ婚姻費用分担請求調停申立ての手続きについて確認、準備されることをお勧め致します。

関連ページ

「管理人の別居体験談」のページ一覧はこちら
「管理人の離婚体験談」のページ一覧はこちら
「不倫・離婚ドットコム」の最新のページ一覧はこちら

あなたの悩みに関連するページを検索

スポンサーリンク