スポンサーリンク

離婚に向けた生活費の確保と準備

管理人の体験談

毎月もらっていた夫からの生活費…別居、離婚を行うとなると、それがいきなりゼロになってしまいます。

夫からの生活費がゼロになったとしても問題ないほど稼いでおられれば心配ないのかもしれませんが、パート勤務や専業主婦でほとんど収入がないという方は、別居・離婚前にできるだけ生活費として使えるお金を蓄えておくことが大切です。

私の場合は、夫が全てお金の管理を行っており、私は毎月の食費さえ賄えないほどのわずかなお金を渡されていました。もちろんそれだけでは生活できないので、パートにも出ていましたが、その収入を合わせてもギリギリの生活でした。

さらに、夫は結婚してからずっと給与明細を見せようとしなかったので、お給料やボーナスの額も分からず、確認しても毎回「もうない。」という答えしか返ってきませんでした。

別居前に必ずして集めておきたい資料

悩み解決のヒントを探しましょう。

私はそんな状況の中から離婚準備を始めましたが、その際、弁護士さんから「できるだけ夫の収入や財産を把握するため、別居実行までに夫の源泉徴収票や給与明細、保険関連の資料、通帳、車検証、そのほか財産に関わりそうなものは何でも写真に撮るかコピーなどをして集めておいてください。」というアドバイスをいただきました。

これは別居や離婚を進める上で、婚姻費用の請求や慰謝料、養育費、財産分与などお金の話になった時に必要となってきます。また、家計簿などもあれば資料として役立つでしょう。

私のケースでは、離婚決意時、私自身の収入は少なかったものの、それまで隠されていた夫の給与明細や財産に関する資料を見つけることができ、また夫も収入が高かったことから、別居と同時に婚姻費用分担請求調停を申し立て、婚姻費用が入るまでを自分の貯金で賄うことで、別居後の生活を乗り切りました。

離婚後に生活困窮することなく、しっかりと自立の道を進んでいくためには、上記のような別居前の準備や、別居後安定した仕事を得るまでの生活費の確保など、家を出る前の準備がとても大切なポイントとなります。

またできることなら別居・離婚後の仕事に活かせるようなスキルアップなど、安定収入へと繋がる長期的な計画も合わせて考えていかれるとさらに良いのではないかと思います。

関連ページ

「管理人の別居体験談」のページ一覧はこちら
「管理人の離婚体験談」のページ一覧はこちら
「不倫・離婚ドットコム」の最新のページ一覧はこちら

あなたの悩みに関連するページを検索

スポンサーリンク