スポンサーリンク

離婚条件取り決めの際の注意点

知っておきたい離婚の手続き・基礎知識

離婚するとなった場合、それに伴い決めなければいけない事項が出てきます。

離婚は法律が絡む問題であり、未成年の子どもがいる場合は親権者の指定、金銭的な問題では子どもの養育費や慰謝料、財産分与などについて離婚条件の提示、話し合い、決定が成されます。その際、さまざまな手続きや公正証書などが必要になります。

慰謝料や財産分与など、お金のことを話し合うのは苦手…という方も多いと思いますが、離婚後の生活のことを考えれば、相手にどう思われるかよりも、どのように自分に有利に話を進めるかに意識を向けて交渉を行うことが大切です。

欲張りすぎないことが離婚話をスムーズに進めるポイント

悩み解決のヒントを探しましょう。

あれもこれもと欲張り全ての条件を主張し過ぎると、お互い意地の張り合いになり、離婚がスムーズに進まなくなってしまう可能性も考えられます。

ポイント
そうならないためには、離婚条件の中でもこれだけは譲れないというものを最優先事項に置き、そのほかの条件についても優先順位を明確にして交渉を進めること。

子どもの親権を得ることが一番の望みなのか、お金は必要ないからとにかく離婚したいのか、時間がかかってもできるだけ多くの慰謝料や養育費などを得たいのか、それによって交渉の内容を変え、お互いに納得のいく条件で折り合えるよう、冷静に交渉に臨まれることをおすすめします。

関連ページ

「離婚の手続き」に関するページ一覧はこちら
「不倫・離婚ドットコム」の最新のページ一覧はこちら

あなたの悩みに関連するページを検索

スポンサーリンク