スポンサーリンク

増加している熟年離婚の原因とは

熟年離婚

長年連れ添った夫婦が、熟年離婚をするケースが増えています。熟年離婚の原因にはさまざまなものがありますが、その中で多いのが、「残りの人生を自分らしく自由に生きたい」という理由。そしてもう1つ、「夫の経済力が失われること」「財産分与による妻の経済的な自立」も原因の1つとしてあげられます。

離婚の際に「年金分割」が認められるようになったことで、夫の年金のうち一定程度を、妻が受け取ることができるようになり、経済的理由から、離婚に踏み切れなかった女性も、離婚を選択することができるようになったためです。

「縁の切れ目は円の切れ目」と言われるように、定年退職後、定期的な収入が途絶えることが原因で、夫に既に用は無い、と、愛情の冷めた妻が、離婚を切り出すケースが多いようです。

「仕事が忙しい」と家庭を省みない、家事を一切手伝わず、妻が家事をやって当然という態度で、「お互い様」の精神に欠ける夫から自由になりたい、と、熟年離婚を選ぶ女性は、少なくありません。

家事も負担せず、妻の体調が悪くても看病などもしない、育児に協力もしない、配慮の無い夫が、熟年離婚の大きな原因となっていると言えるでしょう。妻は、家族のため、夫のためと世話をしても、その逆はない、となれば、穏やかな老後のイメージが持てず、それが原因となって熟年離婚を選択する女性が多くなっています。

熟年離婚は女性から切り出されることがほとんど…

熟年離婚は女性側から切り出されるというケースが大多数を占めます。既に、夫への愛情は冷めており、婚姻生活は破綻していても、子供の事を考え離婚に踏み切れなかった女性が、子供が成人するまで」と我慢を続けた結果、子どもが一人前になり巣立ったことで、そこから先は自分のために人生を生きたみたい…と、人生を一度リセットするかのように離婚を申し出るのです。

ですが問題は相手がすんなり納得して離婚に応じてくれるかどうか…です。長い間一緒に生活してきた妻や夫から、突然離婚を切り出されたら…すぐに納得できない気持ちもよくわかります。

定年後には夫婦で旅行などを楽しみたい、などと考えていたのならなおさら簡単に離婚の申し出を受けることはできないでしょう。
また、夫婦の関係は冷え切っていたとしても、世間体などを気にして離婚に応じないというケースも多くあります。

そのようにスムーズに離婚の話が進まない可能性が高い熟年離婚の場合は、とにかく別居してみるというのも1つの方法です。事前にしっかりと準備を行い、別居を実行することで、まずは物理的に夫から自由になれます。

私はその方法でまず夫から離れ、同時に別居前に依頼をしていた弁護士さんを通して、離婚の手続きや財産分与などの交渉を進めることで、精神的な負担をあまり感じることなく、自分の生活を自由に楽しむことができています。

ある程度年齢を重ねてからの離婚には大変勇気が必要ですが、本気で自分の人生を取り戻そうと思うのなら、思い切ってまずは行動を起こしてみることも大切なのではないでしょうか。

関連ページ

「熟年離婚」に関するページ一覧はこちら
「不倫・離婚ドットコム」の最新のページ一覧はこちら

あなたの悩みに関連するページを検索

スポンサーリンク