スポンサーリンク

離婚したい理由、第1位は…

離婚したい理由はもちろん人それぞれですが、その中で最も多い離婚理由第1位は

ランキング1位 「性格の不一致」です。

交際期間中、「この人しかいない」と思って結婚した二人であっても、結婚生活ではうまくいかないことはもちろんあります。それまでまったく別々の人生を生きてきた2人が、結婚という契約を交わしてある日突然一緒に共同生活を始めるのですから、すべて分かり合えると考える方が無理があるのかもしれません。

ですがこれはそれまでの恋愛期間や結婚後ともに時間を過ごすことで、徐々にお互いの理解が深まり解消されていくことが多いでしょう。ただ、それでも、結婚生活を続けるうちに、やがて「離婚」という道を選ぶ夫婦が今では珍しくありません。

離婚するということにはたくさんのリスクがや不安が伴います。ですがそれを超えてまで「離婚する」という道を選ぶのですから、それ相応のどうしても離婚したい理由というものがあるはず…その理由の中で最も多いのが、「性格の不一致」。

離婚の悩み

この人とならずっと一緒にいられる、必ず幸せになると結婚当初に思っていても、日々一緒に生活する中で、だんだんと小さなズレが生じてくる…

例えば、今までよく話を聞いてくれていたのに、結婚生活が進んでいくと自己中心的になり、こちらの意見まったく尊重してくれない、気持ちを汲み取ってくれず、思いやりのない態度をとるようになるということがあります。

これは、どちらか、または両方の「ありがとう」という感謝の気持ちが薄れたときに起こりがちです。交際しているときは互いの喜ぶ顔が見たくて思いやりを持って接していたのに、一緒に生活することが当たり前になり…いつしかそれを「義務」のように感じ、相手への思いやりや尊敬の気持ちを無くしてしまいます。

このような小さな気持ちのズレは、はじめは大きな問題にならなかったとしても、それを積み重ねていくことで、一緒に生活することが辛く、苦しく感じはじめ、やがてそれが浮気などにつながってしまい…そうなってしまうと夫婦の溝は簡単に埋められないほど深いものになってしまっているのです。

浮気は離婚したい理由と聞いて、まず思い浮かぶものです。1度だけならまだしも、2度、3度となると許しがたいはずです。そうなりたくない、幸せな結婚生活を送りたいと思うなら、結婚して一緒にいることが当たり前になっても、「相手への思いやりや尊敬の気持ち」を忘れず、お互いを尊重しあえる関係を築くことが大切です。

関連ページ

「離婚理由」に関するページ一覧はこちら
「不倫・離婚ドットコム」の最新のページ一覧はこちら

あなたの悩みに関連するページを検索

スポンサーリンク