スポンサーリンク

不倫が原因の離婚、相手に請求できる慰謝料の相場は?

知っておきたい離婚の手続き・基礎知識

夫または妻の不倫が原因で離婚に至るケースの慰謝料の相場は、いったいいくらぐらいなのでしょうか?ケースバイケースですのでかなり幅がありますが、不倫・浮気相手への慰謝料の金額は50万~400万程度、現実的に多いのは100万~200万円です。

離婚の原因が不倫や浮気の場合、それをした夫や妻にはもちろん、不倫・浮気相手にも慰謝料を請求できる場合があります。それは、相手が夫や妻を既婚者だと知っていて性的関係を持ってしまった場合です。

相手が慰謝料の支払いに応じた場合

相手に慰謝料の請求を行った場合、相手が素直に不倫や浮気を認め、交渉に応じて請求した側が提示した金額の支払いを承諾した場合は、その金額や支払い方法などを記した書面(公正証書や示談書など)を作成することで、相手には慰謝料を払う義務が生じます。公正証書には法的な執行力が発生しますので、必ず作成することをおすすめします。

相手が交渉に応じてくれない場合

逆にもしも相手が交渉に応じてくれない場合は、慰謝料を請求する原因となった有力な証拠(たとえば、不倫や浮気が証明できる写真やメール、レシート、音声など)を持っている、かつ費用と時間をかけてもよいと思うなら、簡易裁判所に支払いの調停を申し立てるか、裁判を起こすという方法で、とことん慰謝料請求の正当性を主張することも可能です。

ですが、調停や裁判を行ったからといって、必ず主張が認められるというわけはなく、証拠が弱い場合や相手の不法性が認められない場合などは慰謝料を受け取ることができません。必ず事前に有力な証拠を集めてから、調停や裁判を申し立てるよう注意が必要です。

関連ページ

「不倫の慰謝料」に関するページ一覧はこちら
「不倫・離婚ドットコム」の最新のページ一覧はこちら

あなたの悩みに関連するページを検索

スポンサーリンク