スポンサーリンク

離婚の慰謝料 相場はいくら?

知っておきたい離婚の手続き・基礎知識

離婚の慰謝料の相場はいくらぐらいなのか?気になる方も多いようですが、実は慰謝料の金額には決まりがありません。あくまで、請求する側と請求される側の折り合いがついた金額で支払いが行われます。

有名人やセレブなどの離婚の慰謝料では、高額な慰謝料が支払われるケースもありますが、実際には思うほどの金額が請求できるわけではないのが現実です。

一般的な慰謝料の相場としては、どちらかの浮気や不倫などがあった場合は100万円~200万円、不貞行為が明らかな場合でさらに離婚にまで発展した場合で200万円~300万円くらい、そのほかの婚姻を継続しがたい重大な事由が原因の場合では50万円~200万円が相場となっています。

これを基準として、「婚姻期間の長い熟年離婚」や「パートナーの隠し子問題」「ダブル不倫」など、それぞれの事情や問題行為の所在をふまえたうえで慰謝料の増減などが行われます。

慰謝料が多くなるケース、少なくなるケース

夫婦の協議や調停などで慰謝料の額を決める際には、それぞれの事情や交渉によって一般的な相場や裁判で認められる金額よりも多くの慰謝料を受け取ることができるケースもあります。

たとえば、「夫が妻に婚姻費用を支払わなくてはならない」ことからトータルでの支払い額が多くなると考えられる場合や、「有責配偶者からの離婚の申し出であり、裁判で離婚が認められない可能性が高い」というような場合などに、協議や調停での早期離婚成立を目指すため、相場よりも高い金額での慰謝料の支払いに応じる場合などです。

またそれとは逆に、「とにかく早く離婚したい」「相手側が慰謝料の金額になかなか納得しない」「相手に支払い能力がない」というような場合では、相手との妥協点を探っていく中で最初に請求した金額を引き下げ、大きく慰謝料の金額が下がることもあります。

慰謝料の金額が決まらない場合…

悩み解決のヒントを探しましょう。

欲しいだけの高額な金額を請求し続ければ、話が進まなくなってしまい、その分離婚までの期間が長くなり、結局費用がかさんでしまうという可能性が高くなることも頭に入れておかなければいけません。

そのように考えていくと、相手の暴力や浮気などに対しての怒りや悲しみは簡単に収まるものではないとしても、慰謝料にかんしては冷静に請求金額を決めるという判断が重要なポイントと言えるでしょう。

その判断がむずかしい場合や、どうしても夫婦間の話し合いで慰謝料の金額が決まらない場合には、家庭裁判所に調停を申し立て、第三者を交えた話し合いの場を持つことをおすすめします。

関連ページ

「離婚の慰謝料」に関するページ一覧はこちら
「不倫・離婚ドットコム」の最新のページ一覧はこちら

あなたの悩みに関連するページを検索

スポンサーリンク