スポンサーリンク

離婚に伴う財産分与。夫婦の共有財産の分け方について

離婚に伴う財産分与の相場はいくら?貯金、年金、ローン、保険、不動産、退職金など、夫婦の共有財産についてのお金の分け方はどのように決められるのでしょうか?

財産分与とは?

知っておきたい離婚の手続き・基礎知識

財産分与とは、夫婦が共同で築き上げた共有財産を分け合うことを言います。共有財産には、結婚生活の中で夫婦が協力して得た預貯金、保険金のほか、住宅や車、高額な家財道具、有価証券、将来得ることになる退職金や年金なども含まれます。

また、こちらは負債となってしまいますが、住宅ローンや借金がある場合には、それらも夫婦でマイナスの財産を分け合うことになります。

では、共有財産とならないもの(特有財産・固有財産)についてはどのようなものがあるかというと、結婚前にした預貯金や購入したもの、そして結婚後であっても相続や贈与で得た金銭は財産分与の対象とはなりません。

また、夫婦共働きで、お互いがそれぞれ生活費を出し合い、その残りを各自貯金していたというような場合には、共有財産ではなく、それぞれの特有財産と見なされることもあります。

はっきりと共有財産、特有財産と分けられるものは問題ありませんが、その境界が曖昧な財産については、やはり専門家への相談をされることをおすすめします。

財産分与の流れとポイント

共有財産のリストアップ

まずは夫婦の共有財産を、負債も含めて全て洗い出します。

共有財産の金額産出・財産分与対象額の割り出し

貯金や価値のある共有財産について計算、不動産や車など、お金以外のものについては、時価や評価額、中古価格の査定金額などを参考にして、金額を割り出します。そうやって産出したプラスの財産の総額から、住宅ローンやカードローンなどの負債の総額を引く形で財産分与の対象額が決まります。

財産分与についての話し合い・交渉

双方が自分に必要であると思うものの優先順位などを考えて、分与の割合や取り分について話し合いを進めます。話の折り合いがつけば、支払い方法に関する取り決めも行います。

ポイント
以上が財産分与のおおまかな流れとなりますが、ここで大切なことは、その金額が決まっても、必ず法的な効果を持つ公正証書を作成しておくことです。

また、分割払いなどで支払いが長期間に渡ると、途中で支払われなくなるというリスクも考えられますから、できるだけ一括払いで支払ってもらうこともポイントです。どうしても分割でしか支払えないという場合でも、なるべく初回の支払い額を多く請求されることをおすすめします。

関連ページ

「離婚 財産分与」に関するページ一覧はこちら
「不倫・離婚ドットコム」の最新のページ一覧はこちら

あなたの悩みに関連するページを検索

スポンサーリンク