スポンサーリンク

離婚調停のメリット・デメリット

悩み解決のヒントを探しましょう。

離婚調停の大きなメリットとして、調停委員が中立の立場に立って双方の言い分を聞き、夫婦の間に入って話し合いを進めることで、夫婦が直接話し合いを進めるよりも感情的な対立などが起こらず、スムーズに離婚の話が進められるという点があげられます。

条件などについても、冷静な目で公平に扱われますので、一方的にどちらかが有利な条件で話し合いを進めるというようなことにならずに済みます。

調停離婚では、随時必要な書類や公正証書などを準備することになり、調停で成立に至った内容については、裁判の判決同様、強制執行力をもちますので、条件などについて曖昧にされて泣き寝入りになってしまうというようなことがなくなります。

デメリットとしては費用がかかることが考えられますが、調停は裁判を行うよりも費用や期間が安く抑えられます。

費用を最小限に抑えるたいのであれば、弁護士をつけず自分で調停を申し立てることも可能です。その分自分で必要な書面を作成したり、裁判所とのやり取りを行わなければならなくなりますが、基本的には当事者同士が出頭し、調停委員立会いのもと話し合いを行うものですので、離婚裁判のように法律の知識がなくても対応可能です。

相手側が弁護士を立ててきた場合や複雑な事情がある場合などで、弁護士に依頼される場合で、もしも費用がすぐに用意できないということであれば、法テラスなどを通せば弁護士費用の立て替えなどの支援を受けることも可能です。

夫婦間の話し合いだけで離婚が進められない場合は、まずは法律専門家の無料相談などを利用してアドバイスを受けたり、ご自身の状況を冷静に把握するという方法もありますので、どのような方法で調停を進めるのかを慎重に考えていきましょう。

関連ページ

「離婚調停」に関するページ一覧はこちら
「不倫・離婚ドットコム」の最新のページ一覧はこちら

あなたの悩みに関連するページを検索

スポンサーリンク