スポンサーリンク

離婚調停とは

知っておきたい離婚の手続き・基礎知識

離婚調停とは、夫婦の一方が離婚に応じない場合や、DVなどで話し合いでの離婚が難しい場合などに、どちらかが家庭裁判所に離婚調停を申し立て、裁判官の関与のもと、調停委員が双方の話を聞き、離婚問題についての解決策を図ることを言います。

調停委員立会いのもと、数回に分けて話し合いを行い、結婚生活を継続するのか、離婚するのか、離婚する方向で話が進む場合には離婚条件などについても話し合い、双方が合意に至れば、そこで離婚が成立します。

日本で離婚する夫婦全体のうち、協議離婚によって離婚する9割を除いた残り約1割、そのうちの約9割が調停での離婚となっています。

離婚原因の中でも最も多い「性格の不一致」は、裁判離婚で戦うには余程の事情がなければ勝てる見込みはありません。ですから、「婚姻を継続し難い重大な事由がある」というケース以外では、当事者同士の合意で離婚が成立する協議離婚、もしくは調停離婚で話し合いが進められることがほとんどです。

原則としてお互いの合意によって離婚が成立するという点に置いては、協議離婚も調停離婚も同じですが、調停離婚では、調停委員さん立ち合いのもとで話し合いが進められ、その中で当事者同志の合意が得られた場合、離婚成立、和解へと進みます。

もしも話し合いを重ねても合意に至らず、調停が不成立となってしまった場合は審判へと移行し、自動的に審判手続が開始され、裁判官が必要な審理を行った上で事情などを考慮の上結論が下されます。

関連ページ

「離婚調停」に関するページ一覧はこちら
「不倫・離婚ドットコム」の最新のページ一覧はこちら

あなたの悩みに関連するページを検索

スポンサーリンク