スポンサーリンク

親の離婚が子どもに与える影響は?

離婚と子ども

親の離婚は、子どもにどのような影響を与えるのでしょうか。

離婚を考えた時、もしかすると子どもの気持ちより自分のことで頭がいっぱいになってはいないでしょうか?夫婦としてはすでに壊れている関係であっても、子どもにとっては親であることに変わりはありません。

子どもは無力です。両親の離婚に、小さな心を大きく揺り動かすでしょう。お子様をお持ちの方は、自分たちの離婚が子どもに与える影響、そして子どもの心が曇ってしまわないよう、自分たちに何ができるのかを、時間をかけてとことん考えてみてください。

離婚に伴う様々な変化に対する子どもへの配慮を忘れずに

悩み解決のヒントを探しましょう。

離婚が子どもに与える影響については、心理的な影響だけでなく、それまでの両親との暮らしが片親との生活となり、姓が変わったり、収入のない、もしくは少ない母親が子どもを連れて別居する場合には、それに伴う経済的な困窮などの可能性も考えられます。

また、別居して住所が変わると、子どもは学校を転校することになる可能性も高いでしょう。今までの生活が大きく変化し、家には親が一人となり、親しい友人と別れ、新しい学校で新たな人間関係を築いていかなければならなくなるのです。

離婚は、そのような様々な側面から子どもに影響を与えますから、子どもの様子を注意深く観察し、十分に配慮をしながら話し合いや手続きを進める必要があると言えます。

ただ、「離婚すること」=「悪いこと、悲しいこと」ではないと私は思っています。親としては大人が子どもを巻き込んでしまうことから、つい「離婚すること」=「子どもに悲しみや悪い影響を与えるのでは?」という考えに偏りがちですが、実際はそうではなく、離婚によって逆に自由にのびのびと子どもを育てる安定した環境が得られることもあるのです。

子どもが離婚を前向きに捉えることができるかどうかは、離婚に対する親の考え方やその伝え方に大きく左右されます。また、それぞれの子どもが持つ理解力、受け止める力、消化する力なども大きく関わってくるでしょう。

離婚は、あくまでも家族が幸せになるための選択であることを忘れずに、離婚が子どもに与える影響に向かい合っていただきたいと思います。

関連ページ

「離婚と子ども」に関するページ一覧はこちら
「不倫・離婚ドットコム」の最新のページ一覧はこちら

あなたの悩みに関連するページを検索

スポンサーリンク