スポンサーリンク

管理人について

はじめまして、「不倫離婚ドットコム」の管理者、フリコです。「フリコ」って、「ふりん」と「りこん」からとった言葉遊び…でもないわけでもありませんが、実は、私の最愛の彼がよく使っている言葉なんです。

彼は、自分にとっての「ちょうどいい、心地よい」を見つけるために、「とりあえず1度振り子を思いっきり振り切ってみる」んだそうです。

夫との結婚生活への思い、そして離婚への道

管理人の体験談

彼に出会うまでの私は、どちらかと言うと怖がり。常識に縛られて生きてきたので、彼のその言葉を聞いた時、すごく新鮮で、すごく心に響きました。そしてそれは、私の人生の振り子を大きく揺れ動かすこととなりました。

夫との結婚生活を20年近く続け、40代を迎えていた私は、それまで不倫なんて考えたこともなかった…夫と結婚して、2人の子どもに恵まれ、それからずっと夫と子どもを幸せにすることが私の使命だと思って生きてきました。

自分のことは後回しにするのが当たり前。もちろん、自分のやりたいことをまったくやらないわけではありませんが、それはあくまで夫が許可をくれた場合や、子どもたちにも何も影響しない程度にです。

多くの女性が、私と似たような生活を送られているでしょうし、主婦としては当たり前と言われてしまうかもしれません。でも私は、少しずつ、違和感を感じるようになりました。

結婚してから、夫は自分の収入は自分で全て管理し、給料明細も見せない、ずっとわずかな生活費しか渡してくれず、家族に無関心で、目の前で話していても平気で無視されることもしょっちゅうでした。今思えば、これは精神的DV、モラルハラスメントにもあたると考えられます。

ただ、暴力を振るわれるようなことはなく、お金もまったくくれないわけではなかったので、自分の気持ちは表に出さずにやり過ごしていました。そしていつしかそんな自分の気持ちや不満に気づかないようフタをするクセがつきました。

自分が傷つかないよう、そして家庭の雰囲気が暗くなったり、家族が嫌な気持ちになったりしないよう、夫のいいところを見よう、いつまでも家族仲良く…表面上だけですが…いつもそんな風に考えて明るく振る舞っていました。今思えば、無理にそうしているという意識はなく、無意識でそうしてしまっていたように思います。

ですが、今の彼と出会い、いろいろな話をしていくうちに、私は自分の中にある本当の気持ちに気づき、そして彼とお互いに惹かれ合うようになりました。

そこからは自分の母として、妻としての常識や、目の前にある(夫以外の男性と連絡を取り合っているという)信じられないような現実の間で、何度も引き返そうと葛藤を繰り返した結果…そこから自分で人生の振り子を大きく振ることを決意しました。

私や子どもに無関心、自分の意見だけが正義だという考えのモラハラ夫との離婚を決意し、少しずつ別居の準備を進め始めました。弁護士さんに相談に行き、財産に関する書類はすべて写真やコピーを取り、別居先の家を探し、実家の家族に協力をお願いしました。実はその際、夫の浮気写真も発見…さらに決意は固まりました。

一番心配だった子どもたちとは何度も話し合いの機会を持ち、できる限り子どもたちに負担のない方法をと相談を重ねて、一緒に行こうと話しました。

それまでも夫には表面上は笑顔で夫に接していたので、子どもたちはなかなか私の話を受け止められずにいましたが、子どもたちもまた、それまでの父親としての夫の態度を振り返り、家を出て私と一緒に暮らす事を決断してくれ…そしてそれから数ヵ月後、私はとうとう夫に置き手紙をして、子どもたちを連れて家を出ました。

このサイトに込めた思い

人生には本当に何が起こるか分かりません。振り子は自分以外の誰かに振られてしまうこともあります。私の夫は、ある日突然妻と子どもが家から居なくなるという現実を受け止めなければいけなかったのですから。

このサイトは、子どもを連れて夫と別居し、「離婚する」という責任の伴う自由を選んだ私が実際に経験したこと、そしてその過程で起こる不安や悩みを乗り越えることができた経験談、知り得た知識や情報などを紹介しています。

私は今本当に幸せです。たくさんの不安やトラブルに向き合いましたが、それらをひとつずつ乗り越えることで、今は子どもたち、そして彼との時間をそれぞれとても幸せな気持ちで過ごしています。

離婚は簡単ではありませんが、離婚を言い出す側も、言い出される側も、それぞれが人生を自分らしく生きるために、必要な選択となることもあります。

私は法の専門家などではありませんので、あくまで自分の弁護士さんとのやり取りや経験をもとにしたお話しかできませんが、もしも経験などからお答えすることのできる質問などが寄せられれば、このサイト上で匿名でいただいた質問として回答させていただきます。

同じような悩みを抱える女性の方、妻との離婚でお悩みの男性、不倫中のカップルなど、それぞれが最後に幸せな結末を迎えることができるよう、少しでもお役に立てれば幸いです。

では、どうぞゆっくりとご覧ください。

関連ページ

「管理人の別居体験談
「管理人の離婚体験談
「不倫・離婚ドットコム」の最新のページ一覧はこちら

あなたの悩みに関連するページを検索

スポンサーリンク